漫画ネタバレ・感想

【1話~7話】チェンソーマン1巻ネタバレと感想【犬とチェンソー】

チェンソーマン・1巻・ネタバレ・感想
コイ
コイ
鬼滅の刃や呪術廻戦もすごいですけど、チェンソーマンもアニメ化決定で勢いがすごいですよね。

デコ
デコ
2020年12月14日発売のジャンプ新年2号まで連載されていたチェンソーマン。

藤本タツキ先生による現代を舞台にしたダークファンタジー風の漫画ですが、その独特なセリフ回しと世界観はハマると癖になります。

今回はそんなチェンソーマン1巻のネタバレと感想についてまとめてみました。

チェンソーマン各巻のネタバレ・感想はこちら
\ 今なら初回50%OFF/

チェンソーマン1巻を無料試し読みする

【1話~7話】チェンソーマン・ネタバレ【1巻】

チェンソーマン1巻は主にデンジがチェンソーの悪魔になり公安で仕事を始め、様々な出会いも経験していきます。

チェンソーマン1巻のポイント

詳しい内容について見ていきましょう。

犬とチェンソー

親の借金を返すために毎日色々な手段で金儲けをしている主人公・デンジ

木を切る・腎臓を売る・右目を売るなどおよそ普通では無い感覚で生活をしていますが、借金は一向に返せず。

そんなデンジのそばにいるのが額からチェンソーが生えた犬のような悪魔・ポチタ

ポチタは瀕死だったところをデンジが血を飲ませ、助けたことから一緒に生活しています。

ある日、借金をしているヤクザの爺さんから悪魔退治を頼まれるデンジ。

しかしそれはゾンビの悪魔の罠。

ヤクザの爺さんもゾンビになり、デンジは背後から刺されて瀕死の状態。

コイ
コイ
デンジ大ピンチ!

もうだめだ、と諦めたときポチタが自分の心臓をデンジに捧げて契約します。

「私はデンジの夢の話を聞くのが好きだった」

「デンジの夢を私に見せてくれ」

気がつくとデンジの胸にはポチタのしっぽ(チェンソーのスターターロープ)が。

ロープを引っ張りチェンソーの悪魔に変身したデンジはそこにいたゾンビの悪魔を皆殺しにしました。

デコ
デコ
スターターロープを引っ張って変身するシーンはセンスを感じますね。

▲目次に戻る▲

ポチタの行方

ソンビの悪魔を皆殺しにしたデンジ。

そこに現れたのはゾンビの悪魔を退治しに来た公安のデビルハンター・マキマ

今まで人にまったく優しくされたことのないデンジは自分に優しく接してくれるマキマを好きになってしまいます。

デンジの初仕事は筋肉の悪魔に取り憑かれた少女を助けること。

うどんを一緒にマキマさんと食べるのを楽しみにしていたデンジでしたが、マキマは「使えない犬は安楽死させられる」と言い強制的に悪魔退治に行かせます。

無事少女を助けてきたデンジを見てマキマは

「使える犬だね」

と言い、デンジは

「ワン」

と返事。

デンジはマキマの胸に抱かれながら、好きなタイプはデンジくんみたいな人というマキマにさらに夢中になりました。

コイ
コイ
マキマってすごくミステリアスな女性ですよね。
デコ
デコ
公安のデビルハンターになったデンジですが、頭の中にはマキマさんともっとお近づきになりたいという考えしかありません(笑)

▲目次に戻る▲

東京到着

デビルハンター東京支部に到着したデンジ。

そこで紹介されたのは早川アキという先輩デビルハンター。

しかし今までろくに教育を受けてこなかったデンジのチンピラのような行動に苛立つ早川アキ。

デコ
デコ
本気でデビルハンターをしているアキだからこそ、デンジの適当な態度にいらいらするんですね。

▲目次に戻る▲

住宅街に魔人が発生しデンジとアキが討伐に向かいます。

痛そうだからと魔人をチェンソーの力を使わず、一瞬で楽に死なせてやるデンジ。

そんなデンジの行動を見てアキはさらに苛立ちます。

「俺の家族は全員目の前で悪魔に殺された」

「お前以外全員本気なんだよ」

悪魔は全員苦しませて殺すと言いながら去るアキ。

コイ
コイ
アキはなかなか壮絶な過去がありそう・・・

しかしデンジがチェンソーの力を使わなかった本当の理由は・・・エロ本に血を付けたくなかったから。

「この生活を守るためなら死んだっていい」

デンジは次なる目標を決めます。

その目標とは「胸を揉むこと」

そしてマキマから紹介されたのは魔人・パワー。

かわいい女の子の姿のパワーの胸を見てデンジは少しやる気を見せるのでした。

▲目次に戻る▲

胸を揉む方法

すぐに調子に乗る性格のパワー。

パトロール中に見つけたナメコの悪魔にも手を出してしまい、マキマからデンジ共々怒られてしまいます。
※民間が手をつけた悪魔に手出しをしてはいけないため

デンジがやれっと言ったんじゃ!とデンジのせいにするパワー。

実はパワーが人間の味方をしているのは猫のニャーコを助けるため。

猫を助けてくれたらデンジに胸を揉ませてやると提案したパワーの言葉で一気にデンジはやる気を取り戻したのでした。

コイ
コイ
パワーはかわいいけどすぐ人のせいにしちゃうんですね(笑)

▲目次に戻る▲

使役

パワーに案内され、ニャーコが囚われている場所に到着したデンジとパワー。

パワーは自分が姿を見せたらニャーコが殺されてしまうからデンジに先にいけと言う。

しかし実はパワーはニャーコを捉えているコウモリの悪魔の指示で血を飲ませるためにデンジを罠にはめたのでした。

コウモリの悪魔に捕まり血を飲まれてしまうデンジ。

デンジの血はチェンソーの悪魔になったからなのかコウモリにとってはまずかったらしい。

▲目次に戻る▲

ニャーコの行方

デンジを連れてきたが悪魔が約束を守るはずもなく、コウモリの悪魔に丸呑みにされるニャーコ。

パワーはここで初めてポチタを撫でられないと言っていたデンジの気持ちを理解し。

「ウヌの気持ちわかったぞ」

「ひどい気分じゃな」

と言いながらニャーコと同様コウモリの悪魔に丸呑みにされるパワー。

飛び去っていくコウモリの悪魔に飛びつき、噛み付いて血を飲み回復するデンジ。

「あいつはニャーコを悪魔に奪われて、どんな気持ちで眠っていたんだろう。」

パワーの気持ちを感じたデンジはチェンソーの悪魔に変身してコウモリの悪魔を切り刻むのでした。

デコ
デコ
デンジは態度こそ適当だけれど、悪いやつじゃないんですよね。

▲目次に戻る▲

【考察】チェンソーマンの感想【1巻】

ジャンプにありがちな正義のために戦うヒーロー…ではなく自分の欲望に忠実に生きるデンジの姿が強烈に印象に残る内容でした。

このチェンソーマンを描いている藤本タツキ先生は以前ジャンプ+でファイアパンチという漫画を連載していました。

ファイアパンチはチェンソーマンと比べると若干青年漫画っぽくもあり、最初は盛り上がったものの後半は人を選ぶ展開に。

チェンソーマンがジャンプで連載開始されることを知ったときファイアパンチが頭をよぎり、若干不安要素がありました。

しかし連載開始してみると、少年漫画に全振りしたジェットコースター的展開と独特のセリフ回しがかなり将来性を感じる作品に進化。

正直「これは面白い!」と感じましたね。

この1巻は主にデンジの生い立ちやマキマ・早川アキ・パワーとの出会いが描かれていましたが、2巻では劇中最大の敵となる銃の悪魔の存在が判明し、物語が動き始めます。

これから先どうなっていくのか注目ですね。

\ 今なら初回50%OFF/

チェンソーマン1巻を無料試し読みする

電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

コミックシーモア(おすすめ)
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
特徴

・初回50%OFFクーポン
・取得できるクーポンが多い
・買い切り以外のプランも充実。
・etc…

料金体系1冊単位の購入,分冊版,読み放題
品揃え55万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

・初回50%割引や割引セールが豊富
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ