漫画作品

【2021年版】アニメ化してほしい漫画ランキングベスト10【アンケート結果】

アニメ化してほしい漫画ランキング・2021
コイ
コイ
好きな漫画がアニメ化され、キャラクターに新たな命が吹き込まれるのは漫画好きにとって嬉しいもの。

チェンソーマン』や『ブルーピリオド』などアニメ化が期待されていた漫画のアニメ化が続々と発表されています。

2021年アニメ化してほしい漫画ランキングベスト10はこちら
デコ
デコ
ではその他にはどんな漫画がアニメ化を期待されているのでしょうか?

今回は漫画好きにアンケートを実施し、「2021年版のアニメ化してほしい漫画ランキングトップ10」を作成しました。

アンケート
アニメ化してほしい漫画ランキングベスト10・アンケート
デコ
デコ
賛否は出てくると思いますが、参考になれば幸いです。
この記事からわかること
  • 2021年版の漫画好きが選ぶアニメ化してほしい漫画

【2021年版】アニメ化してほしい漫画ランキングベスト10

漫画好きのアンケートをまとめた結果、下記の作品がアニメ化してほしい漫画としてトップ10にランクインしました。

アニメ化してほしい漫画ランキングベスト10
デコ
デコ
各作品のどの部分が漫画好きの共感を呼び、アニメ化を期待されているのでしょうか。
作品概要とともに選定理由についても1作品ずつ解説していきます。

1位:『SPY×FAMILY』

第1位は『少年ジャンプ+』で連載中の『SPY×FAMILY』。
スパイの男性「ロイド・フォージャー」・殺し屋の女性「ヨル・ブライア」・超能力者の少女「アーニャ」の3人が繰り広げる家族のドタバタが魅力的なホームコメディ作品となっています。

コイ
コイ
特徴は家族である3人が赤の他人ということ。お互いの素性を隠しながらも家族として絆が深まっていく様子はコメディでありながら感動もしてしまう内容です。
選定理由の共通点

選定理由は『少年ジャンプ+』で1番の人気を誇っていること。

デコ
デコ
累計発行部数は既刊6巻で800万部突破と『少年ジャンプ+』の作品で特に爆発的なヒットを記録しています。
これまでジャンプ本誌にも2度の出張読み切りが掲載されている点からも人気の高さがうかがえますね。

「ジャンプ本誌に移籍してほしい」というファンの声もあり、多くの読者から期待されている作品です。『少年ジャンプ+』の看板作品として2021年内のアニメ化が期待できますね。

▲目次に戻る▲

2位:『猫田びより』

第2位は『少年ジャンプ+』で連載中の『猫田びより』です。

デコ
デコ
二足歩行や人間との会話など色々できる万能なネコの「猫田さん」がメインキャラクター。色々できるはずなのに寝ていることが多い「猫田さん」やその周りのキャラクターによるゆるふわな4コマ漫画です。

『少年ジャンプ+』創刊時から連載されている作品で、2014年の連載開始から毎日掲載されています。2300話以上が掲載されていますがいまだに休載なし。『少年ジャンプ+』の「こち亀」的存在の漫画と言えるでしょう。

選定理由の共通点

選定理由は長期連載で根強い人気があること。
ゆるふわの4コマということもあってか爆発的なヒットを記録したり、SNSで話題になったりすることは多くありません。

しかし、2014年からの長期連載ということもあり、根強い人気があることは事実。LINEスタンプも制作されています。

コイ
コイ
4コマ漫画ということで数分のショートアニメとして制作されても不思議ではなく、2300話以上掲載されているためストックも十分です。「猫田さん」の醸し出すゆるふわな雰囲気が現代人の心を癒やしてくれることに期待したいですね。

▲目次に戻る▲

3位:『アクタージュ act-age』

第3位は『週刊少年ジャンプ』で連載していた『アクタージュ act-age』です。

コイ
コイ
役者志望の「夜凪景」は見る人に恐怖さえ感じさせる演技力の持ち主。その才能を見出した映画監督の「黒山墨字」とともに最高の役者を目指すストーリーとなっています。

これまで『週刊少年ジャンプ』にはなかった役者にスポットを当てた異色の作品です。

選定理由の共通点

選定理由は連載が終了しても根強い人気を誇っていること。

デコ
デコ
累計発行部数300万部を突破し、舞台化も決定していた『アクタージュ act-age』ですが、原作者の不祥事によって連載終了となってしまいます。人気絶頂の中で連載終了となったため、連載再開を望んでいるファンも少なくありません。

連載再開が難しく、舞台化が叶わないというのであれば既刊の分だけでもアニメ化してファンが少しでも喜ぶ形にしてほしいですね。

▲目次に戻る▲

4位:『アンデッドアンラック』

第4位は『週刊少年ジャンプ』で連載中の『アンデッドアンラック』です。

コイ
コイ
決して死なない「不死(アンデッド)」の能力を持つ「アンディ」と触れた相手を不幸にする「不運(アンラック)」の能力を持つ「出雲風子」の2人が織りなすバディアクション漫画です。

これまで『週刊少年ジャンプ』にはなかった能力の組み合わせによって繰り広げるストーリーを予想することは簡単ではありません。簡単に予想できないからこそドキドキワクワクが連続する飽きのこない内容となっています。

選定理由の共通点

選定理由は『週刊少年ジャンプ』の中堅漫画として人気は十分であること。

デコ
デコ

『アンデッドアンラック』は「次にくるマンガ大賞2020」にてコミックス部門第1位に輝いた作品です。編集部も宣伝に力を入れており、『週刊少年ジャンプ』が特に推している作品の1つと考えられますね。

『呪術廻戦』や『チェンソーマン』といった『週刊少年ジャンプ』の中堅漫画のアニメ化が続いています。これらの作品に負けず劣らずの人気を誇る『アンデッドアンラック』がアニメ化されるのも時間の問題でしょう。

アンデッドアンラックのネタバレ・感想はコチラ
アンデッドアンラック・1巻・ネタバレ・感想
【1話~7話】アンデッドアンラック1巻ネタバレと感想【不死と不運】アンデッドアンラック1巻は不死のアンディと不運の風子の出会いから始まり、組織UNIONに加入するためメンバーであるジーナとの戦いがメイン。 非常に早い展開で見どころ満載のアンデッドアンラック1巻のネタバレ・感想と考察をまとめてみました。...
アンデッドアンラック・2巻・ネタバレ・感想
【8話~16話】アンデッドアンラック2巻ネタバレと感想【我々は否定する】アンデッドアンラック2巻はUNIONに加入したアンディと風子が課題(クエスト)に挑戦、UMAスポイルとの戦いがメインとして描かれています。 否定者やUMA、世界のルールなど様々な謎が台詞の端々から読み取れるのもこの漫画の面白いところ。 そんなアンデッドアンラック2巻のネタバレ・感想をまとめています。...
アンデッドアンラック・3巻・ネタバレ・感想
【17話~25話】アンデッドアンラック3巻ネタバレと感想【俺が死ぬまで治らない】アンデッドアンラック3巻は強敵ヴィクトルとの戦い、そして新たな否定者たちとの出会いなどふんだんな内容です。 UNIONに敵対する組織の存在も明らかとなり、世界の謎もだんだんと明らかになってくるアンデッドアンラック3巻のネタバレと感想をまとめています。...
アンデッドアンラック・4巻・ネタバレ・感想
【26話~34話】アンデッドアンラック4巻ネタバレと感想【Revolution】アンデッドアンラック4巻はついに明かされるタチアナの否定能力、そして新しい仲間との出会いから一転、衝撃的な展開へ。 この記事ではアンデッドアンラック4巻のネタバレと感想についてまとめています。...

▲目次に戻る▲

5位:『囚人リク』

第5位は『週刊少年チャンピオン』で連載していた『囚人リク』です。

コイ
コイ
殺人の濡れ衣を着せられ無実でありながら刑務所に収監されることになった「リク」が脱獄して真犯人への復讐を目指すというストーリーになっています。

2011年から2018年まで7年間連載され、38巻で完結。少年漫画として珍しい題材でありながら高い人気を誇り、長期連載となった作品です。

選定理由の共通点

選定理由は珍しい題材でありながら人気を博し、長期連載をしていたこと。

前述したように『囚人リク』の舞台は刑務所です。少年漫画で舞台が刑務所というのはなかなか珍しいですよね。物語の舞台こそ珍しいものの、内容自体は「仲間と出会って成長し、強敵を倒す」という王道の少年漫画です。

デコ
デコ
刑務所という閉鎖的な空間ながら味方も敵も魅力的なキャラクターばかり。少年漫画らしからぬ題材ながら王道的な展開の連続のため、7年間という長期連載に至りました。

完結しているからこそ原作に沿った内容で制作しやすいため、アニメ化しても期待を裏切られることはないでしょう。
▲目次に戻る▲

6位:『古見さんは、コミュ症です。』

第6位は『週刊少年サンデー』で連載中の『古見さんは、コミュ症です。』です。

コイ
コイ
容姿端麗でクラスのマドンナ的存在の「古見硝子」は他人と日常会話が難しいほどのコミュ症。コミュ症という秘密を知っているのはクラスメイトの「只野仁人」だけ。

秘密を共有している2人が協力し、「コミュ症を克服して友達を100人作る」という目標の達成を目指す物語です。

選定理由の共通点

選定理由はキャラクターの設定が珍しいこと。
『からかい上手の高木さん』をはじめ、1組の男女の日常にスポットを当てた漫画は少なくありません。このような作品の特徴は男女のテンポの良い掛け合いが魅力ですよね。

デコ
デコ
しかし、『古見さんは、コミュ症です。』ではコミュニケーションがままならない「古見硝子」にスポットを当てています。テンポの良い掛け合いではなく、「古見硝子」の成長を見守る作品です。

物語を追っていくうちに「どうやってコミュニケーションを取るのだろう?」「頑張れ!」という感情が芽生えてくるキャラクター設定となっています。

男女の日常ものとして新しいキャラクター設定のため、アニメ化されることで日常ものに今までとは違う価値感を生み出してくれるでしょう。
▲目次に戻る▲

7位:『ジョジョの奇妙な冒険・第6部以降』

第7位は『週刊少年ジャンプ』から連載が始まり、今なおシリーズが継続している『ジョジョの奇妙な冒険』です。
人間讃歌をテーマに、「ジョースター一族」と吸血鬼「ディオ」の世代を超えた因縁を描くバトル漫画。

コイ
コイ
絵画のようなタッチの絵、個性的なキャラクターや必殺技、予想ができない怒涛の展開など多くの魅力がある作品ですよね。

シリーズ累計発行部数は1億万部を突破しており、シリーズは第8部へと突入しています。

選定理由の共通点

選定理由は根強い人気から今なお幅広いメディア展開がされていること。

デコ
デコ
第8部まである『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズですが、2020年時点で第5部までアニメ化されています。また、第4部や外伝『岸辺露伴は動かない』は実写化もされました。

アニメ化・実写化だけでなく、ゲーム化やグッズ化など幅広いメディア展開がなされている作品です。
第6部以降のアニメ化を望む声も多く、物語に関連性もあることからアニメ化される可能性は高いでしょう。

▲目次に戻る▲

8位:『道産子ギャルはなまらめんこい』

第8位は『少年ジャンプ+』で連載中の『道産子ギャルはなまらめんこい』です。

コイ
コイ
物語の舞台は北海道。東京から引っ越してきた男子高校生とクラスメイトのギャルが繰り広げるラブコメディとなっています。クラスメイトや先輩など恋敵となるキャラクターも登場し、展開の読めない恋愛模様がポイントです。
選定理由の共通点

選定理由は『少年ジャンプ+』の恋愛ものの中でもトップクラスの人気を誇っていること。

デコ
デコ
男子高校生とギャル、他のキャラクターが繰り広げる甘酸っぱい青春ストーリーにドキドキする読者も少なくありません。飽きのこないハラハラドキドキの展開から『少年ジャンプ+』の恋愛ものの中でも高い人気を誇っています。

アニメ化が発表される『少年ジャンプ+』の作品も出てきており、ラブコメ枠としてアニメ化される可能性も少なくないでしょう。

▲目次に戻る▲

9位:『怪獣8号』

第9位は『少年ジャンプ+』で連載中の『怪獣8号』です。

コイ
コイ
物語の舞台は怪獣が災害として認知されている世界。怪獣退治のスペシャリストである防衛隊への入隊を目指す主人公の「カフカ」ですが、ある日自身が怪獣になってしまいます。

怪獣になったという秘密を周囲に隠しながら防衛隊入隊や怪獣退治を目指すストーリーです。
看板作品だった『地獄楽』の連載が終了し、『SPY×FAMILY』に次ぐ看板作品になるのでは?と期待が寄せられています。

選定理由の共通点

選定理由は連載開始から爆発的な人気を誇っていること。

デコ
デコ
『怪獣8号』は連載開始時から面白いとSNSで話題となり、爆発的な人気を衰えさせることなく継続しています。更新日には必ずツイッターのトレンド入りすることから、多くの人気を集めていることがわかりますね。

2021年1月時点で既刊1巻ながら発行部数は43万部を突破。芸人のケンドーコバヤシさんも次にくる漫画として絶賛しており、今後も人気を集めていくことは間違いありません。
『少年ジャンプ+』で連載中の作品の中で最速のアニメ化という可能性も十分に考えられますね。

10位:『バキ道・第4部以降』

第10位は『週刊少年チャンピオン』で連載中の『バキ道』です。

コイ
コイ
格闘漫画の金字塔である「バキシリーズ」の5作目。今回も「範馬刃牙」を主人公にシリーズおなじみのキャラクターたちが登場し、規格外のバトルを繰り広げています。

あれこれ考える必要のない爽快感のあるバトルが「バキシリーズ」の魅力ですよね。シリーズを重ねて画力が向上しているため、今までのシリーズより臨場感と爽快感を楽しむことができる作品です。

選定理由の共通点

選定理由は「バキシリーズ」の人気が根強いこと。

デコ
デコ
「バキシリーズ」は2021年1月時点で『グラップラー刃牙』『バキ』『範馬刃牙』『刃牙道』『バキ道』の5作品です。シリーズ累計発行部数は8000万部を突破しており、日本を代表する格闘漫画と言っても過言ではない人気を誇っています。

シリーズ5作品のうち第3部『範馬刃牙』まではアニメ化済み。第4部『刃牙道』、第5部『バキ道』がアニメ化される日も近いと考えられています。

▲目次に戻る▲

まとめ

今回は漫画好きのアンケートを参考に、2021年にアニメ化してほしい下記10作品の漫画についてまとめました。

アニメ化してほしい漫画ランキングベスト10はこちら
デコ
デコ
シリーズもの・新連載作品・完結済み・未完結と様々な条件の漫画がアニメ化を望まれています。今回挙げた10作品はどれも根強い人気・爆発的なヒットを記録しているものばかり。
コイ
コイ
アニメ化されても漫画好きや原作ファンの期待を裏切らない高い完成度になるでしょう。アニメ化されて魅力的なキャラクターたちが動き出す日が待ち遠しいですね。

今回紹介した漫画はすべて「ebookjapan」で初回50%OFFで読めます。

無料お試しもできるので気になったアニメ化される前にチェックしておくのもいいですね。

ebookjapanの初回クーポン含めた割引キャンペーン情報!
ebookjapanの初回クーポン含めた割引キャンペーン情報!ebookjapanの初回クーポン含めた割引キャンペーン情報! ebookjapanのクーポンと割引キャンペーンについてまとめた記事です。 初回クーポン含めた様々なクーポンの紹介と割引に繋がるキャンペーン詳しく紹介しています。 また過去に開催していたキャンペーンについても触れます。...
電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

・初回50%割引や割引セールが豊富
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ

まんが王国
まんが王国
特徴

・ポイント還元率が高い
・毎日もらえる来店ポイント
・etc…

料金体系ポイント制(都度・月額)
品揃え非公開
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ