漫画ネタバレ・感想系

【12話~17話】乙嫁語り3巻ネタバレと感想!【スミスの旅、開幕!】

乙嫁語り3巻ネタバレと感想
コイ
コイ
前回の2巻では刺繍における伝統や、花嫁が嫁ぎ先へ持って行く布支度についてアミルたちの家に住むイギリス人探検家のスミスが調べていました。
デコ
デコ
そんな彼に手紙が来てアミルの家を去り、旅に出ることになり、別れの時に、今回はスミスの旅の話が出てくるのでしょうか?スミスのいなくなった家でアミルたちは何をしているのでしょうか?

そんなわけで「乙嫁語り3巻ネタバレと感想」をまとめてみました。

乙嫁語り各巻のネタバレ・感想はこちら
\ 今なら初回50%OFF /

乙嫁語り3巻を無料試し読みする

【12話~17話】乙嫁語り・ネタバレ【3巻】

では以下に「乙嫁語り3巻」のネタバレを書いていきます。
集大成なのでわかりやすくポイントを上げていきますね。

ポイントは3つ
  • スミスと新キャラタラスの恋愛事情!その結末とは?
  • 美味しいご飯がたくさん出てきて、素晴らしい作画に見ているこっちまでお腹が空く!
  • 新キャラアリとのスミス旅が始まる!しかしその前に一波乱があって!?どうなるスミス!
各話数にジャンプ

12話:逗留

スミスは市場で案内人を探していますが、町の人は勘違いして全然違う人ばかり連れてきます。

そんな時、木につなげていた馬と荷物がなくなっていました!慌てるスミス!そこ9へ女性がやってきて「ここにつなげていた白い馬ご存じありませんか!?」と慌てた様子でスミスに聞いてきます。スミスは女性と共に自分達の馬を探すことに。市場のおじいさんに聞いてみると族長に相談してみろとのこと。

そして女性と共にスミスは族長の所へ。そうすると族長は数人と話し、すぐに馬を連れてきてくれました!女性は「チュバル!」と馬に抱き着いて泣きます。そしてスミスと共に自分達の馬と荷物があったことを喜びました。すると女性から家へ泊るよう誘われます。案内人より早く着いてしまったスミスはその話に乗ります。

行くとポツンと荒野に家がありました。そこに義母と住んでいるらしい女性。女性はこの家の長男と結婚したけれどしばらくして病気で長男は急死。夫と子供がいない場合は兄妹と再婚する習わしらしく、次男と結婚したが、崖から落ちて次男も死んだそう。そうして三男、四男、五男と結婚し、五男も長男と同じ病気で亡くなったそうだ。

そうして義父は落ち込み、亡くなって、義母と女性2人になったらしい。実家に帰って再婚した方がいいと義母は言ったそうだが、義母を気遣って女性は再婚せずここにいるようです。そこで義母はスミスに「奥様はおあり?」と聞きます。「いやまだです」と答えるスミス。その後、なんてことないように振る舞う義母ですが、少しスミスに視線を送っているようにも見えました。

コイ
コイ
「スミスに突然の出会い勃発!」
デコ
デコ
「スミスの気持ちは?今後どうなるのでしょう?」

▲目次に戻る▲

13話:懇願

一夜明けて、スミスは朝ご飯を呼ばれました。羊の世話をする女性を朝ご飯を頬張りながら見つめます。

そして女性2人の所に泊まり続けるのは良くないと思い、荷造りして出ようと思うスミス。そこに彼女がやってきました。

義母が何か言ったのか聞いてきます。スミスは曖昧ながら返事をすると、彼女はそれでも一緒に居てほしいと言い出します。義母があんなに楽しい層にしてるのは久しぶりだから、案啞二人が見つかるまでは止まって言って欲しいとスミスに頼むのです。スミスはそれを了承しました。

そのことを義父に言い、仕事を見せてもらいたいとスミス型脳と彼女、タラスに仕事を頼む義母。スミスは羊に草を食べさせるタラスを見て、この地域の女性は一様によく働くと思うのでした。羊の世話、糸をつむぐ、機織り、売って生活費の足しにする刺繍、保存食づくりなどを行うタラス達。

その様子を見て「大変ですねえ」と言うスミス。昔はたくんさん羊がいたけれど世話できないし人を雇えないから売ったというタラス。「だから当面のお金はあるんですよ」とタラスは笑ってスミスに言いました。食事は豪華でした。しかしスミスは当面の後はどうなるんだということを考えます。

しかし一介の客の分際で聞けることはありませんでした。その次の日、中年の男性と義母が言い争っています。タラスはスミスのところへいく!と突然言う義母。男性は怒り狂い、スミスも困惑。男性が去った後、話を聞くと、結納金目当てで息子の後妻にタラスが欲しいのだそうです。

義母は「どうかタラスをもらってやってください」と懇願します。一方タラスは神をほどいて風に当たり、草原で寝ていました。それと同じ時間に、困るスミスに義母は「助けると思って」と懇願し続けていました。スミスは行くところがあると言っても連れていってあげてというばかり。どうなるのでしょうか。

コイ
コイ
「義母の必死の懇願ですが、スミスはどう出るのでしょうか?」
デコ
デコ
「このままタラスと共に旅に出るのもまんざらでもない様子に見えます。」

▲目次に戻る▲

14話:タラスの想い

タラスは頭に巻きものをしないで羊とはしゃいでいました。

そこにスミスが!しかも巻物の布の前には蛇が!石を投げて追い払い、巻物の布をタラスニ渡すスミス。

恥ずかしそうなタラス。スミスはタラスには先ほどのことは言わず、こうなった以上長居はできないと出ていく準備をします。そこにタラスが現れます!状況を説明して、義母が勝手に決めたことだとタラスも納得しました。そしてここをたつ準備を手伝います。そしてスミスはタラスと話します。

義母がいなくなった後どうするのかと言う質問に、タラスは先が不安じゃない人はいないと答えます。そして義母の気持ちはうれしいけれど、自分のことは自分で決めないと、とタラスは言いました。そして義母が起きる前にたとうとするスミスとそれを手伝うタラス。しかしスミスの馬が見つかりません!

代わりにチュバルを差し出そうとするタラス。しかし町にはタラスの家で騒いでいた男性が憲兵の前でスミスについて悪く言っていました。そこに運悪く現れるスミス!捕まってしまい。憲兵に身柄を拘束されてしまいました!

コイ
コイ
「まさか捕まってしまうとは!」
デコ
デコ
「この先スミスの身柄はどうなってしまうのでしょうか。友人が助けてくれるのを期待するしかないでしょうか?」

▲目次に戻る▲

おまけ

パリヤは結婚する年頃ですが相手が見つからずそわそわしっぱなし。

しかもそのことを気にしているようです。アミルが20歳で結婚したことを考えると自分も…と思うのですがアミルは13歳のころからお見合い話がきてたようでパリヤはがっかり。

結婚相手を連れてきても控えめに取り繕うとして失敗し、意外と奥ゆかしいと父親が弁明しているときに弓で獲物を見せびらかしてしまったりしてなかなか縁談に結びつきません。パリヤの父からアミルはもう少し穏やかな交友関係を望むと言われたのでパリヤに刺繍を持ちかけます。嫌がるパリヤですが、一度決めたら絶対やるアミルに従って刺繍するしかなくなってしまいました。

特技のパン作りが活かせればと母親は思いますがパリヤはパンの屋台をやればいいと考え、縁談とは程遠い思考をしていました。そんなパリヤが男性について見下すとか声が大きいとかアミルに愚痴ります。それを聞いたアミルは怖いのかと問うと、パリヤは黙ってしまいました。

コイ
コイ
「どうやらパリヤは男性が苦手なようですね」
デコ
デコ
「そんな中で縁談はうまくいくのか、今後注目です」

15話:再会

スミスは憲兵に自分は学術目的で調べてると言いますが、諜報員だと思われて信じてもらえません。

留置所に入れられてしまうスミス。大使館に連絡してくれと言っても聞いてもらえません。

しばらく留置所で居るスミスは、処刑されるのでは仁香と気が気ではありませんでした。しかし案内人がやってきて釈放されます!

釈放の理由は偉い人に一筆書いてもらったと言うこと、それを頼んだのはカルルクらでした。スミスらしき人が捕まったと聞いて飛んでやってきたのです。そしてカルルクの家、エイホン家胃の名前でも証明され、釈放されました。そして案内人のアリとカルルクが挨拶します。その間にスミスは髭をそっておきました。

その後、スミスの格好は目立ちすぎると言うアリ。なんとか地域に溶け込む格好をさせようとするけれど無駄でした。手っ取り早い言い訳として医者と名乗ろうと言うことに。それならどこでも歓迎されるからというもの。ちょうどカルルクの家で医者に居術を聞いていたのでそれで通すことにするスミス。

そしてそこに先ほどの憲兵に隊長が現れ、欲しいものを聞いてきました。そしてラクダや餌、銃や路銀を頼むアリ。ゆいでにスミスがかぶる帽子も頼みます。こんなに頼んでいいのか困惑するスミスですが、アリはこちらの隊長によくしてもらったと族長に伝えると言ってそれでイーブンにしてもらう様子。アリの交渉術を見て頼もしいと思う啞スミス。そこに突然人がやってきます!それはタラスでした。スミスが無事か気になったようです。あの中年の男性、タラスの叔父がやってきてスミスについて何やらいうものだから気になったので慌ててやってきたようです。

叔父の逆恨みで捕まったスミスですが、本来はただの一介の客人、義母が結婚すると言ってるだけだとタラスは説明します、しかし損も様子がおかしいので亜ミスが正直なところを聞くと、タラスはスミスに惚れていて結婚したいそうです。しかしスミスもありがたいけれど家族のこととか考えるとどうしても今すぐにとはいきません。

スミスはまんざらでもないのです。だから必ず結婚するつもりで戻ってくると約束しました。しかし口約束だけではと思ったスミスは懐中時計を渡します。馬が5頭も帰る程高価なもの。スミスは英国では何か約束するときに物を渡す習慣があると説明し、こちらでいうところの結納品だとアリは言いました。タラスはありがたくそれを受け取ります。

そしてスミスはタラスの家に行って事情を説明すると言って出ていきました。そんな時、ロシアとどこかの部族がやりあってるという噂を聞きます。アミルの家では?と疑念を抱くカルルク。アリはないか情報があったなら人づてに伝えるとカルルクに言いました。そしてスミスはタラスと共に馬に乗って道を行く途中「最初で、市場で会った時、素敵な人だなあと思ってたんですよ」とタラスに言うのでした。

コイ
コイ
「スミス無事でよかった!しかし結婚の鼻足になるとは驚きです」
デコ
デコ
「あの叔父がいる家でスムーズにいくのか疑問ですが…。タラスが幸せそうなのでそこは大変ほほえましいですね」

16話:市場で買い食い

スミスが帰ってくるまで待つことになったアリとアミルとカルルク、パリヤ。明日か明後日の帰りになるだろうと言うアリ。

こうなるとみんな暇な上、お腹が空いてしまいました。屋台の串焼きに目が行きます。しかし買い食いとなるとパリヤが驚きの顔をします。
女性は科利食いをしないようで、部屋を借りてご飯を買って持ち寄ることにしました。アリは焼き飯の屋台を見つけました。しかし売り切れ!新しく作るのを待つことに。それまでカルルク、アミル、パリヤは他の屋台を見て回ります。アミルはざくろが売ってるのを見つけて買ってもらうことに。

他にも串焼きや、キジをさばいて焼いてもらったもの、五目肉うどん、「焼きまんじゅうや魚の包みあげ、腸詰なんかもテーブルに並びました。様々な味を譚オプするみんな。他のテーブルの人間も何か食べてるのかと気になり、やってきました。そしてさらに料理が運ばれたり、有りが追加で注文してきたりします。

中には景気の良いおじいさんがウリを差し入れしてくれましたが、皆が肉がいいなどとブーイングし、結局羊丸々一頭ごつそうしてくれることに。その最中、パリヤに息子の結婚相手を探していると言う話が持ち掛けられました。赤くなるパリヤと息子だと思われる青年。一方スミスらはまだ馬を走らせていました。いずれとりあえずインドで暮らさないかとタラスに言うスミス。新しい土地には新しい幸せがあるとタラスは言ってくれました。そしてもうすぐ家というところで「義母もきっと安心するでしょう」と言うのでした。

コイ
コイ
「美味しそうな屋台料理の数々!たまりません!素晴らしい作画が食欲をそそられます!」
デコ
デコ
「さていよいよ義母、あの叔父に会うスミスとタラス。いい結果になると良いですね」

17話:アンカラへ向かって

スミスはタラスとの出会いを振り返り、先のことはわからないと思うのでした。

タラスが帰ってきて義母は心配していたのだと言います。しかしもう心配はいらない、私が叔父と結婚するからとタラスの義母は言いました。

そうなると叔父は父親になったからとタラスの相手は自分で探すと言ってきました。そうなるとスミスは厄介払いされます。出ていけと言われ、タラスと引き離されてしまいました。呆然とするスミス。そしてしばらくするとタラスの義母が懐中時計をスミスに返しにやってきました。そして「あの子のことは忘れてください。ごめんなさい」と言って頭を下げます。

そうなるとスミスは離れるしかありませんでした。そしてアミルたちの元に戻ります。そして事情を説明するとそうなるとしょうがない、父親とは結婚を決めるのが役割だからそうなっても納得するしかないとアリとカルルクに言われてしまいます。そしてその話が終わった後、カルルクに「帰ってきたら戻ってきてください」と約束して、彼らとはお別れになりました。そしてスミスはアリとアンカラへ行きます。アリは歩いて、スミスはラクダに乗りますが、ラクダの揺れで酔ってしまいます。

休むことになって、その後そのまま野宿になりました。スミスはアリになんでこの仕事を?と尋ねます。払いが良かったからとアリは答えました。嫁を貰うための結納金のため、入り用らしいアリ。アリは次男で貧乏な家庭の様です。家族全員でためた金で長男は結婚できたそうで、スミスはそんなに入用なのかと問います。

アリの家には馬も羊もないらしく、隊商の護衛を三年やったけど実入りも少なかったそうです。その後、スミスとアリはアンカラへ行くルートについて話し合いました。3つのルートを話し合い、遠いけど安全なペルシャ周りで行こうと決まります。そう決まったら早速寝る準備です。しかしスミスは寝る前に、砂漠の方へ懐中時計を投げ捨てました。見つけた誰かが拾うだろう、と思いながら、床に就きます。

コイ
コイ
「スミスとタラス、実ることはできませんでした!こちらの父親の力と言うのは強いのですね」
デコ
デコ
「残念です。これからのスミスの旅は頼もしいアリと二人旅になります。少しでも幸せな旅路になると良いですね」

【考察】乙嫁語り・感想【3巻】

今回はスミスの結婚や出発についての回でした。残念ながらこの国の伝統で父親に権力があり、当人同士が良くても結婚には至らなかったスミス。

こういう国もあるのだなと勉強になりました。また美味しい料理がふんだんに出てきた回でもありました!あちらの肉料理はおいしそうですね。

たまりません。そしてパリヤの結婚に兆しも出てきました!これには注目せざるを得ません!それぞれがそれぞれの道で人生について模索しているな、としみじみ感じられる話がたくさんあって、ほのぼのしただけじゃない作風が心にじんわりと染みました。

\ 今なら初回50%OFF /

乙嫁語り3巻を無料試し読みする

電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

・初回50%割引や割引セールが豊富
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ

まんが王国
まんが王国
特徴

・ポイント還元率が高い
・毎日もらえる来店ポイント
・etc…

料金体系ポイント制(都度・月額)
品揃え非公開
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ