漫画ネタバレ・感想系

【44話~52話】アンデッドアンラック6巻ネタバレと感想【君に伝われ】

アンデッドアンラック・6巻・ネタバレ・感想
コイ
コイ
アンデッドアンラック6巻は安野雲編が完結となっていますね。
デコ
デコ
アンデッドアンラックの魅力の一つでもある見開き大文字での能力開示ですが、安野雲編はその使い方が非常に素晴らしいものとなっています。

アンディ達は四季UMAのオータム戦をどうやって攻略するのか?注目のアンデッドアンラック6巻のネタバレ感想をぜひどうぞ。

アンデッドアンラック各巻のネタバレ・感想はこちら
\ 今なら初回50%OFF/

アンデッドアンラック6巻を無料試し読みする

【44話~52話】アンデッドアンラック・ネタバレ【6巻】

アンディや風子が負けてしまう未来を変えるために戦い続けてきた安野雲。

安野雲が言うオータム戦の攻略に必要な最後のカギとは?

最高の盛り上がりを見せるアンデッドアンラック6巻の各話ネタバレ・感想は以下からどうぞ!

各話数にジャンプ

不死VS不死

対峙するアンディとヴィクトル。

過去に風子と出会っていたという記憶が影響し、以前より格段に強くなっているアンディ。

しかしそれでも技の練度はヴィクトルに及ばない。

お互いに大量の血の噴射による死道(デッドロード)を繰り出すが、片手で繰り出すヴィクトルに対しアンディは両手。

このまま続けば明らかに勝負は見えている。

そこでアンディは秘策を繰り出す。

それこそが風子の不運との協力技・不運弾(アンラックバレット)だった。

デコ
デコ
この話のタイトル「不死VS不死」ですが、ちょうど44話(死死)になっているのも作者のこだわりを感じますね。

▲目次に戻る▲

不運弾

風子のキスにより不運が溜まったアンディは片手の指をヴィクトルに向けて飛ばす。

その指弾にはヴィクトルを傷つけるほどの威力は無かった。

が、人差し指が命中した瞬間、ヴィクトルにガス爆発の不運が訪れる。

中指が命中すると今度はヴィクトルに電車が衝突。

なぜアンディ本体ではなく、ヴィクトルに不運が訪れるのか?

以前のアンディは必ず頭部から再生していた。

しかし風子と出会ったことで大きく死生観が変わったアンディ。

理に縛られず、どこからでも再生し、魂を指先に乗せることも可能になったのだ。

デコ
デコ
今までは自分に降りかかる不運で相手を攻撃していたのが、相手に応じた不運発動できるように操作できるようになった、ということですね。

薬指の不運でユニオンの飛行機がヴィクトルに激突。

そして小指の不運により、アンディが最初に囚われていた捕獲装置にヴィクトルを閉じ込めることに成功する。

▲目次に戻る▲

現在で会おう

捕獲装置に囚われたヴィクトルだが、すぐに外に出てしまった。

だが、もう戦う意思は無いようだ。

自分がなぜユニオンと敵対し、ジュイスを殺そうとするのか静かに語りだすヴィクトル。

過去、ヴィクトルはジュイスと共に戦い、課題をクリアしていた。

しかし神は強大。

勝てないと知りながらもアークを使い何度もループを繰り返したジュイス。

ヴィクトルはそんなジュイスの苦しむ姿を見たくないからこそ、殺して楽にしてやりたかったのだ。

コイ
コイ
「惚れた女が苦しむ様を見たい男がどこにいる」

ヴィクトルのこの台詞、めちゃくちゃかっこいいですよね。

ヴィクトルは最後に受けた風子の不運が神にも届く切り札になると確信する。

もう邪魔はしない、そう言い残し去っていくヴィクトル。

記憶をめぐる旅は終わった。

アンディは風子と口づけを交わし「現在で会おう」と言い残す。

▲目次に戻る▲

九能明

母子家庭で育った少年・九能明。

自分の描いた漫画を母に見せ笑顔にするのが彼の楽しみだった。

ある日、彼は道端でGペンを拾う。

そのGペンこそ古代遺物・Gライナー

Gライナーはそのループの過去と未来、全ての情報が流れ込んでくる特殊なものだった。

UMAや否定者など、未だ見たことも無い話を知り興奮する九能明。

しかしこのGライナーを手にした瞬間、彼は否定者になっていた。

強制的に発動したその否定能力は「誰にも認識されず、何を触ってもその外的変化は本人にしか認識できない」というもの。

母はおろか誰にも気づかれないため、世界に一人ぼっちになってしまった九能明。

絶望した彼を救ったのはループの記憶の中で最後まで諦めず戦ったアンディと風子の姿。

諦めたくない、その一心で描いた漫画が「君に伝われ」

安野雲のペンネームで投稿したこの漫画がまさかの大賞を受賞する。

そう、九能明としてではなく安野雲としてならこの世界に自分の意思を伝えることができる。

デコ
デコ
不明(UNKNOWN)の否定者となってしまった九能明ですが、まさかの能力の抜け道を見つけてしまったわけですね。

病院で君に伝われを読んでいる老齢の女性。

「素敵な絵ね。」

それは紛れもない九能明の母だった。

コイ
コイ
自分の漫画を母親に読んでもらえていたんですね・・・

直接ではないにしろ、母に、そして世界に自分の存在を知ってもらえた。

それは紛れもないアンディや風子がいたから。

だからこそ今度は自分がアンディと風子を助ける。

九能明=安野雲は本になっているアンディをアンダーから守りきることに成功した。

デコ
デコ
いよいよ反撃開始!

▲目次に戻る▲

ボクの知らない物語

「君に伝われ」を連載している最中、記憶を頼りにアンディを探し出す九能明。

本物のアンディと出会い、あの記憶が嘘ではないことを確信する。

そして同時にアンディと風子を失うことで神に負けてしまうというループの結末も間違いないことを確信してしまう。

九能明は安野雲として「君に伝われ」を予言書として残し、そして二人を救うために魂の口径(ソウルキャリバー)を探し出した。

物語の分岐点はこのオータム戦だった。

安野雲が見た記憶ではアンディと風子はこの時点で安野雲と出会っていない。

そして交戦中にアンダーのメンバーとなっていた不可視(アンシーン)により風子は殺されてしまう。

それだけは回避しなければいけない。

「アンディくん!死閃だ!」

安野雲の叫びに反応し、死閃を繰り出すアンディ。

風子を殺そうとしていた不可視は真っ二つになり、息絶えた。

「ここからはボクの知らない物語だ」

安野雲は風子の死の運命を回避させることに成功する。

デコ
デコ
安野雲がGライナーを通じて見たのはアンディと風子がオータム戦で負けてしまい、さらに風子は不可視に殺されてしまうという未来。

風子を守りきったことで、未来が大きく変わることになったわけですね。

▲目次に戻る▲

こっちのもんだ

オータム戦での風子の死は回避された。

ここから先は安野雲も知らない物語。

風子の銃を奪ううさぎのきぐるみの少年・バニー

バックスと呼ばれているが何の否定者なのかは不明だった。

コイ
コイ
バニー、あんまり悪い人じゃなさそう・・・(笑)

遅いくるリップに対し、一緒にオータムを捕まえないかと提案する風子。

アークを手にすることが目的のリップは拒否するが、安野雲は全てを知っている。

「君はアークには乗れない。それどころかラトラちゃんまで失う」

安野雲の言葉に動揺するリップだったが、アークでやり直すという決意は固い。

ラトラも合流し、オータムの捕獲を巡って両者の激突は必死だった。

デコ
デコ
リップにはどうやら助けたい大事な人がいるようです。

そしてそれを実現するにはどうしてもアークが必要なのですね。

▲目次に戻る▲

任せたよ

人間を襲い以前よりより強大になっているオータム。

パワーアップしたアンディの紅蓮三日月で傷つけるが、すぐに再生してしまう。

ならば、ということで不治のリップが攻撃するが、こちらは傷一つつけられない。

そんな戦いの中、安野雲はオータム捕獲に必要な最強の古代遺物を描き具現化すると叫ぶ。

今までの人生を振り返る安野雲。

Gライナーで具現化した古代遺物は時間操作が可能なライフイズストレンジというもの。

「リップ、15年経過」

子供の姿だったリップはその瞬間急成長、大人の姿になった。

だがこの古代遺物には大きなリスクが伴う。

それは使った年数の10倍老化してしまうというもの。

コイ
コイ
つまり安野雲は150年一気に老いてしまったということ!?

すぐに戻せというリップだったが、安野雲はどこか安心した様子。

「会えて、話せて、嬉しかった」

「あとは任せたよ」

「ボクのかっこいいヒーローたち」

そう言い残し、安野雲は消えていった。

▲目次に戻る▲

ヒーロー

命を賭けてまで自分を元に戻した安野雲に対して戸惑うリップ。

安野雲にとって、アンディや風子、リップはヒーローだった。

だからこそ、君に伝われで導き、過去を知ることで強くし、リップを元に戻した。

全てがこのオータムとの戦いに必要なことだったのだ。

リップによぎる過去の記憶。

車椅子に乗っている女性を押しているリップ。

「リップはいつも私を助けてくれる。リップ、あなたはヒーローみたいだね。」

オータムはフェーズ2へと進化していた。

その強力な攻撃にピンチに陥るアンディを救ったのはリップ。

「ラトラ、俺達は勝てるか?」

「負けるわね、100%」

デコ
デコ
ラトラの否定能力は正確には不明ですが「占いが100%外れる」というもの。

つまり100%勝てるということ。

また、俺「達」となっているのもポイントですね。

▲目次に戻る▲

君に伝われ

安野雲=九能明の数奇な人生が語られる。

不明の否定者となってしまった自分に生きる希望を与えてくれたヒーロー。

それがアンディであり、風子であり、リップだった。

だからこそ、安野雲として命がけで恩返しをすることを決めた。

オータム戦、全てを伝えることができた安野雲は消えてしまった。

だが、そのおかげで無事オータムの核を捕獲に成功する。

「安野、勝ったぞ」

誰もいない空間に拳を突き出すアンディ。

Gライナーはもう壊れてしまい、もう誰も安野雲=九能明を認識することはできない。

しかし彼を覚えている人がいる限り、彼はそこにいる。

これはヒーローを導いたヒーローの物語。

タイトルは「君に伝われ」

デコ
デコ
最終ページの見開きはぜひコミックスを手にとってご覧ください!

▲目次に戻る▲

【考察】アンデッドアンラックの感想【6巻】

アンデッドアンラック6巻で重要なポイントはこちら。

・アンディのパワーアップ

・ヴィクトルとジュイスの過去

・オータム捕獲と安野雲編完結

細かい点で気になったのは過去のジュイスとヴィクトル。

ヴィクトルは今とあまり変わらない姿でしたが、ジュイスは今のロングヘアではなくボーイッシュな感じで、一人称も「ボク」。

一節には性の理が追加される前だったんじゃないか?とも言われていますが、詳細が明かされる時がくるのか?気になるところです。

オータムの核を捕獲に成功したアンディ達。

ここで思い出したいのは四季UMAの内3体が討伐で、オータムだけが「捕獲」だったこと。

何か理由があるのでしょうか?

今後の展開も気になるアンデッドアンラック7巻も待ち遠しいですね。

\ 今なら初回50%OFF/

アンデッドアンラック6巻を無料試し読みする

電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

・初回50%割引や割引セールが豊富
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ

まんが王国
まんが王国
特徴

・ポイント還元率が高い
・毎日もらえる来店ポイント
・etc…

料金体系ポイント制(都度・月額)
品揃え非公開
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ