漫画ネタバレ・感想

【44話~51話】怪獣8号6巻ネタバレと感想【品川討伐作戦】

怪獣8号・6巻・ネタバレ・感想
コイ
コイ
怪獣8号6巻は品川基地を襲った蟻型の怪獣、そしてそれを引き連れている怪獣9号との激しいバトルが中心です。
デコ
デコ
なぜか怪獣8号に変身できずピンチに陥るカフカ。キコルと共に戦いますが果たして9号を倒すことはできるのか?
そして鳴海隊長の前にも現れる9号。
戦いの中で進化をしていく9号の真の目的は?
今回はそんな大注目の6巻のネタバレと感想についてまとめています。
怪獣8号各巻のネタバレ・感想はこちら
\ 今なら初回70%OFF/

怪獣8号6巻を無料試し読みする

【36話~43話】怪獣8号・ネタバレ【5巻】

怪獣8号6巻は5巻から続く品川基地での激しい戦いを描いています。
カフカはなぜ変身できないのか?
そして複数の場所に現れる怪獣9号。
激しい戦いが続く怪獣8号6巻の各話ネタバレがこちらです。

各話数にジャンプ

第44話

怪獣9号と対峙するカフカとキコル。
分裂し襲いかかってくる9号だったが、キコルも負けてはいない。

勇敢に戦うキコルの姿に若き日の妻・ヒカリを思い出す四ノ宮長官。
また、キコルも幼き日に見た自慢の母の姿を思い出していた。

コイ
コイ
キコルのお母さんは怪獣兵器ナンバーズ4を使いこなす第2部隊隊長!
めちゃくちゃかっこいいですね。

小さい頃キコルは母親に自分が防衛隊に入って母を守ると決意する。

だが四ノ宮ヒカリは怪獣6号の群発災害により帰らぬ人となる。
自分の力の無さを悔やむ幼いキコル。

だからこそ今のキコルは絶対に仲間を守るという強い決意のもと、戦うのだった。

▲目次に戻る▲

第45話

お互いに協力し9号と戦うカフカとキコル。
そんな中、カフカは怪獣8号に変身してキコルを傷つけてしまうイメージが脳裏によぎってしまう。

実はカフカが変身できないのは9号のせいではなかった。

怪獣の意識に取り込まれてしまい、仲間を傷つけてしまうこと。
その恐れがカフカの変身を邪魔していたのだ。

キコルはそんなカフカを見て「防衛隊を舐めるな!」と一喝する。

俺の仲間は強い。
そんな仲間を俺が殺せるわけない。

仲間を信じる決意を固めたカフカは再び怪獣8号に変身することに成功する。

デコ
デコ
暴走してしまうんじゃないかという恐怖を乗り越えたカフカの決意が再び変身を可能に!

▲目次に戻る▲

第46話

怪獣8号が発現したことで戦況は大きく変わった。

キコルに雑魚の怪獣を任せ、9号と対峙するカフカ。
蟻型の怪獣と合体し異形の姿になった9号。

新たな力で襲いかかってくる9号だったが、一瞬で核を見つけ引きちぎるカフカ。
残念ながらその核は蟻の核で9号のものではなかったが、その動きに警戒を強める9号。

一度体を乗っ取られたからなのか?
皮肉なことに前よりも力を引き出せるようになったカフカは圧倒的な一撃で9号に致命傷を与える。

▲目次に戻る▲

第47話

カフカの一撃を受けて体がうまく再生できない9号。
9号γは分身体であるβと合流しようとるするが、そのβは鳴海隊長と戦闘中。

解放戦力98%。
斬撃と銃撃で隙のない波状攻撃を9号に叩き込む鳴海隊長。

しかし9号はそんな鳴海隊長の攻撃を学習し、対応してくる。
まるでウィルスのような能力の9号。

だが鳴海はそのさらに上をいく驚異だった。

鳴海「狩りの時間といこうか」

怪獣のような瞳に変化する鳴海の目。

それこを最古の怪獣識別兵器。
怪獣1号から作られた鳴海弦のもう一つの専用装備・Rt-0001だった。

▲目次に戻る▲

第48話

鳴海の攻撃が避けられない9号

怪獣1号の能力は「未来視」
それは脳の信号を可視化することで、本人の体が動くよりも先にそれを察知して攻撃できる能力だった。

9号の信号が必ず経由する場所を突き止めた鳴海は、そこが9号の核だと確信。
必殺の一撃で鳴海隊長は9号に致命傷を与える。

カフカと鳴海弦、共に本獣の9号を撃破した二人。。
残った余獣もキコルが次々と撃破していく。
これこそが四ノ宮長官が思い描いている最強の部隊。
驚異は去ったかと思われたその時、基地に警報が鳴り響く。

次の瞬間、四ノ宮長官の背後に現れたのは9号の本体だった。

▲目次に戻る▲

第49話

強大な怪獣の力を奪うこと、それが9号の目的だった。
最初から狙いは四ノ宮長官の持つ「怪獣2号」の力。

カフカ・鳴海・キコルは急いで長官のもとへ向かうが、すでに四ノ宮長官と9号の激しい戦いは始まっていた。

9号本体は当然ながら分身体であるβ(カフカが撃破)とγ(鳴海が撃破)より強い。

それでも以前計測した9号のフォルティチュードは8.5。
今の四ノ宮長官でもなんとかなるはず、だった。

しかし現在の9号はその想定を遥かに超える力となっていた。
圧倒的な力と力がぶつかり合う最中、四ノ宮長官ははここで9号を始末することを決意するのであった。

デコ
デコ
9号の本体は以前とは比べ物にならないほどパワーアップ。
体も大きくなり、かなりの進化を遂げていますね。

▲目次に戻る▲

第50話

9号を相手に四ノ宮長官は自身の持つ怪獣識別兵器の力を全解放する。

怪獣識別兵器の全解放は命を削る諸刃の剣。
だがそれは同時に人間の姿をした大怪獣の出現と同じ。

激しくぶつかり合う9号と四ノ宮長官。
全解放した四ノ宮長官の攻撃だが、それでも9号に押し負けてしまう。

デコ
デコ
怪獣2号の力を使いこなす四ノ宮長官も、衰えには勝てないのか・・・?

年齢による衰えを感じてしまう四ノ宮長官。
キコルには父親らしいことは何もしてあげられなかった。
この驚異を次世代に残さないように。
四ノ宮功は自分の妻・ヒカリが怪獣6号を命をかけて倒したように自分も命をかけて9号を倒すと決意する。

▲目次に戻る▲

第51話

怪獣2号の主攻撃力(メインバースト)を9号に放つ四ノ宮長官。
その威力は札幌を壊滅させたほど。

だが防御に肉体を全振りした9号はその攻撃に耐える。
万事休すかと思われたが、四ノ宮長官は間髪入れず2発目を放つ。

だが9号はボロボロになりながらも生きていた。
最後に明暗を分けたのは怪獣と人間、生命力の差だった。

9号は怪獣2号の力を自分のものにするため、四ノ宮長官を取り込む。

駆けつけた鳴海とカフカ。
二人は立ち尽くしている四ノ宮長官を見つけるが・・・。

デコ
デコ
二人が見つけた四ノ宮長官は功なのか、それとも・・・?

▲目次に戻る▲

【考察】怪獣8号の感想【6巻】

怪獣8号6巻は最初から最後まで激しいバトルの連続。
カフカは変身が再びできるようになり、キコルも実力を上げ、鳴海は怪獣1号の能力を使うというそれぞれに見せ場のある展開でした。
さらに四ノ宮長官と9号の戦いの結末が非常に気になる終わり方となっています。

注目したいのは怪獣の力を兵器として利用した「怪獣識別兵器(通称・ナンバーズ)」の存在が徐々に判明したこと。

怪獣識別兵器所持者
  • 怪獣1号→鳴海弦
  • 怪獣2号→四ノ宮功
  • 怪獣4号→四ノ宮ヒカリ

なお3号・5号はまだ物語に未登場、6号は適格者がおらず封印状態となっています。

デコ
デコ
このうち気になるのが6号。
今後キコルが怪獣識別兵器を使うようになるとしたら、母と因縁のある6号の力を使いそうな予感もします。
両親共に怪獣識別兵器を使いこなしているため、キコルも十分に可能性はあると思って良いでしょうね。
\ 今なら初回70%OFF/

怪獣8号6巻を無料試し読みする

ABOUT ME
コイデコ
漫画好きの2人が漫画と電子書籍の情報をメインに発信していきます。
電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

コミックシーモア(おすすめ)
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
特徴

初回70%OFFクーポン
・取得できるクーポンが多い
・買い切り以外のプランも充実。
・etc…

料金体系1冊単位の購入,分冊版,読み放題
品揃え55万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

・初回50%割引や割引セールが豊富
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ