漫画ネタバレ・感想

【52話~59話】怪獣8号7巻ネタバレと感想【適合者】

怪獣8号・7巻・ネタバレ・感想
コイ
コイ
怪獣8号7巻は物語のターニングポイントとも言えるかなり大きな展開が待っています。
デコ
デコ
9号と四ノ宮長官の激しい戦いの行方。
カフカと鳴海、そしてキコルにとってあまりにも衝撃的な展開が待っていました。
今回はそんな物語が大きく動く怪獣8号7巻について詳しくまとめています。
怪獣8号をお得に読む方法はこちら
怪獣8号 電子書籍 安い
【安い電子書籍はどこ?】怪獣8号全巻をお得に読む方法!怪獣8号全巻をお得に読む方法は? この記事では怪獣8号を最も安く読める電子書籍ストアを紹介。結論的にはebookjapanがおすすめですが、それ以外の電子書籍ストアも紹介しています。 ...
怪獣8号各巻のネタバレ・感想はこちら
\ 今なら初回50%OFF/

怪獣8号7巻を無料試し読みする

【52話~59話】怪獣8号・ネタバレ【7巻】

進化を続ける9号と防衛隊・四ノ宮長官との激しい戦いの行方は?
そして鳴海とカフカが長官の元にたどり着いた時に見た光景とは・・・。
怪獣8号7巻のネタバレは以下からどうぞ。

各話数にジャンプ

第52話

怪獣9号と四ノ宮長官との激しい戦い。
最後に立っていたのは四ノ宮長官。

駆け寄る鳴海隊長。
しかし何かを感じたカフカは鳴海隊長を止める。

鳴海へ向けて攻撃をする四ノ宮長官。
その攻撃は怪獣そのもの。
そう、四ノ宮長官は怪獣9号が吸収し、融合してしまったのだ。

融合したという事実を受け入れられないカフカ・鳴海、そしてキコル。
3人は9号に向けて総攻撃を仕掛ける。

そんな鳴海たちの態度をよそに9号は「融合直後は拒絶反応がでるんだ」と言い残し、去ろうとする。
絶対に逃さない、そう誓う鳴海とカフカ。
同時攻撃が9号に炸裂。

・・したかに見えたが四ノ宮長官と融合した怪獣9号はその攻撃を見切り、簡単に止めてしまう・・・。

デコ
デコ
四ノ宮長官を取り込んだ怪獣9号は以前よりも数段力を増してしまいました。
何よりこの場にキコルがいるのがカフカにとっては辛い事実となっているでしょうね。

▲目次に戻る▲

第53話

父親の仇が目の前にいる。
だが自分の力では手も足も出ないと悔し涙を流すキコル。

怪獣9号VS鳴海・カフカの激しい戦い。
状況は二人がかりだというのに9号が押している。

しかし鳴海の能力・回避不能攻撃+カフカの攻撃により、9号の復元能力を阻害しダメージを与えている。

あと一押し。

追い詰められた9号は強い衝撃波を放つも、鳴海とカフカはそれすらも耐えきる。
絶対に逃さない、鳴海とカフカの意地だ。

9号「あ、最初からこうすればよかった」

そうつぶやく9号は攻撃対象を鳴海とカフカではなく、キコルや防衛隊員たちに向ける。

カフカ「くそったれ!」

9号は目の前の仲間を放っておけない人間という生き物のの習性を利用したのだ。

上空へ飛び立つ四ノ宮長官の顔をした怪獣9号は「次に私が動くときは怪獣の時代が始まる」と言い残し去って行った。

コイ
コイ
怪獣9号の恐ろしいところは強いだけでなく狡猾なことですね・・・。

▲目次に戻る▲

第54話

四ノ宮長官を取り込んだ怪獣9号に逃げられてから2日後。

ニュースでは防衛隊の四ノ宮功長官の訃報が流れる。
有明りんかい基地では第1部隊による告別式が行われていた。
時を同じくして立川基地の第3部隊・松本基地の第4部隊・金沢基地の第2部隊もそれぞれ長官を弔っていた。

そんな中、式典に姿を見せなかったキコル。
「何もできなかった」という悔しさを鳴海に伝え、そして「強くなりたい」と懇願する。
その気持ちに対し、鳴海は自分の次くらいに強くしてやる、とキコルに伝えた。

そしてその会話を外で聞いていたカフカも怪獣9号をぶちのめすと決意を決めるのであった。

デコ
デコ
今回の54話で一旦話は一区切り。
ここからカフカやキコルがどのように成長していくのか、楽しみですね。

▲目次に戻る▲

第55話

モンスタースイーパーが蟻の姿をした怪獣の後処理をしている。
かつてカフカが働いていた会社だ。
四ノ宮功の訃報で不安になっている社員達。
もうだめかもしれないから逃げたいという社員に対し、カフカの同僚だった男はカフカを、そして防衛隊を信じて逃げないと決めていた。

東雲小隊長によるキコルの訓練が行われていた。
「小隊長を全員超えたら相手をしてやる」と鳴海は相変わらずゲームをしてばかり。

その時、カフカ=怪獣8号の件で呼び出される鳴海。
どうやらカフカは怪獣化が進行してきているようだ。
このまま変身を続ければ人間に戻れない可能性も・・・。

そんな危険性のあるカフカを戦力にして防衛隊に置くのか否か。
四ノ宮長官がいない今、決めるのは鳴海だった。

鳴海の出した結論は「力を貸せ」だった。
四ノ宮長官がやられた日。
あの日あの場所にいた悔しさはカフカも自分も知っている。
もちろんカフカもこのまま引くようなことはない。
鳴海もカフカも打倒・怪獣9号へ決意を新たにするのだった。

一方立川基地では保科副隊長がある場所を訪れていた。
巨大なカプセルの中にいるのは、あの怪獣10号だった。

デコ
デコ
今回、冒頭で懐かしのモンスタースイーパーの面々が見られたのが嬉しいですね。
そしてここで怪獣10号が再登場。一体どうなるのか?

▲目次に戻る▲

第56話

10号は拘束されている状態でもフォルティチュード5.7という驚異的な力を発していた。

保科「知ってることがあるなら全部吐け」

10号から怪獣9号の情報を聞き出そうとする保科副隊長。
その問いに対し10号は「構わん、俺はやつに作り出されたからな」と答える。

だが次の瞬間10号は条件を出してくる。
その条件は「自分を兵器化してお前(保科)が着ろ。そして戦わせろ」というもの。

そう、怪獣10号はただひたすら戦いたいだけだった。
戦えるなら相手は誰でも良い。まさに戦闘狂。

意思を持つ怪獣の兵器化は、本人が乗っ取られる危険性もある。
だが保科副隊長は「お前が僕を使うんやない、僕がお前を使うんや」と10号の要求を承諾し、本部に兵器化の要請をするのであった。

コイ
コイ
意識のある怪獣を兵器化して使う・・・保科副隊長なら大丈夫そうですが何か起こりそうな予感も・・・?

▲目次に戻る▲

第57話

10号から情報を引き出した保科副隊長は、有明りんかい基地を訪れる。

しかし実は同じ東京管轄の第1部隊と第3部隊はいわゆる犬猿の仲。
鳴海と保科が早速言い争いをしている中、第1部隊・副隊長の長谷川が仕切り、9号対策特化会議が始まる。

会議には第1部隊から第4部隊までの隊長・副隊長が揃い、そうそうたる面々。
そして新しい長官・伊丹は保科にこの会議の本題を述べさせる。

保科副隊長は10号から引き出した驚愕の情報を話し始める。

10号「俺は試作品。俺を経て生み出される完成品と俺は戦いたい」

フォルティチュード9.0の10号が試作品だという事実に驚く隊長達。

保科副隊長は続ける。

保科「このままではこの国は滅びる」

デコ
デコ
保科はしっかりと10号から情報を引き出していました。
ということはすでにもう10号の兵器化は進んでいるということですね。

▲目次に戻る▲

第58話

保科「部隊の垣根を超えて協力しなければ、この国は滅びます」

一刻も早く9号を探し出す必要があるが、どうやら9号は拠点を転々をしている上に、人間が立ち入れない領域に潜んでいるため、そう簡単には近づけない。
つまり、9号が動き出すのを待つしかない。
これでは後手に回ってしまう上に、四ノ宮長官と融合したことで防衛隊の手の内が読まれている可能性もある。

そこで保科副隊長は若い才能達の成長が鍵だ、提案する。

さらに亜代ミナから「6号兵器の適格者が見つかった」との報告。
その適合者こそ、市川レノだった。

コイ
コイ
6号はかつて怪獣の王とも呼ばれた識別クラスの大怪獣。
その怪獣兵器の適合者がまさかの市川レノというのはアツい展開ですね。

▲目次に戻る▲

第59話

第4部隊隊長・緒方ジュウゴが憂鬱な表情をしている。
そうやら6号兵器の適格者テストのため、市川レノを預かることになったようだ。

怪獣6号のフォルティチュードは9.5.
キコルの母・ヒカリが命を落としたあの忌まわしい大災害を引き起こした元凶でもある。
まさに絶望の象徴だった。

適格者テストが始まる少し前。
ジュウゴか識別怪獣兵器(ナンバーズ)の危険性についてレノに伝え、辞退するべきだと言う。
だがカフカの夢を知っているレノは構わずテストを開始してくれと答える。

テストが始まった瞬間、恐ろしいまでの怪獣の重圧に押しつぶされそうになるレノ。
次に目を覚ましたときは、ベッドの上。

ジュウゴは再び辞退すべきだとレノに伝えるも、レノの意思は固い。
仕方なくジュウゴは試用期間として1ヶ月期間を設け、レノを見極めることにするのであった。

デコ
デコ
レノは識別怪獣兵器を使いこなせるようになるのか?
怪獣8号として戦っているカフカのことを最初からよく知っているだけに、レノの決意も硬いのでしょうね。

▲目次に戻る▲

怪獣8号7巻の口コミ

ebookjapan
面白い

往年のジャンプ復活と思うような作品粗削りだが面白いストーリーと絵柄良いですね~更新が襲いのがユイツの難点か。

久々の

レノの登場久々!うれし〜〜〜♡長官の死は辛いものだったがだからこそみんな闘志を燃やしてる。カフカが怪獣化を続けると人間に戻らない部分が出てくるという設定知らなかった。てことはむやみに変身できないと踏まえた上で9号と闘うのね…。でも今回は9号との直接対決は無いまま10号も出てきた。意志を持った怪獣で驚いた、。次巻はレノ強化編からスタートかな?

嬉しい展開

怪獣9号は一枚も二枚も上手だったという事か……
カフカは怪獣の力を使いこなし、鳴海だって全力を出している。それでも四ノ宮長官を救えないのか…
と言うか、長官の顔で悪事を企む怪獣9号は邪悪さが半端ないね

核となる人物を失った防衛隊。それは全隊員に強い覚悟を懐かせる事態となったようで
あの現場に居た3人は特にその想いが強いというのはこれから怪獣相手に逆転を狙っていく事になるだろう構図において、誰が中心の役割を担うかという点が見えてくるようだったよ
ただ、その中でカフカはちょっと宜しくない状態のようで…。そりゃよく判らないままに敵の能力を使っていればそういう現象もありえるか……
でもそういった危険なタイムリミットが鳴海やカフカを止める理由に全くならないというのは格好良いね

そして所は変わって保科の話、というか怪獣10号って生きてたんだっけ。すっかり忘れていたよ
力を与える代わりに戦いを寄越せという10号の誘い。これはそのまま悪魔の誘いなのだけれど、9号との再戦に向け戦力を欲している防衛隊にとっては願ってもない誘いだし、そもそも10号相手に怯まず誘いに乗れる保科だからこそ受けられるもの
唯でさえ強い保科がここから更に強くなるかと思うと今後が楽しみに思えてしまうね

また、他にも怪獣兵器は増えるようでその適合者としてレノの名前が上がるのは意外でありつつ嬉しい展開だね
カフカが帰ってくると信じて鍛錬に励んでいただろうレノ。そんな彼の努力と才能が認められたかのように重要な装備品を任せられるというのは熱い展開
でも適合者として認められたらそれで終わりでは無いようで。レノにとってはここからが本当の試練といったところかな?

▲目次に戻る▲

【考察】怪獣8号の感想【7巻】

怪獣8号7巻は9号との戦いの結末、そしてあまりにも悔やまれる四ノ宮長官の犠牲が印象的でした。
物語の中でも語られていましたが、四ノ宮長官が9号に融合された以上、防衛隊の戦力の手の内がバレている可能性は十分にあります。
そのためキコルやレノを含むまだこれから伸びしろのある新人を徹底的に鍛えていくことが今後の防衛隊の課題と言えるでしょうね。

9号が今後生み出してくる怪獣についても気になりますし、あの9号が新人の成長を待つようなことをするでしょうか・・・。
しばらくしないうちに大きな戦いが待っているのかもしれませんね。

\ 今なら初回50%OFF/

怪獣8号7巻を無料試し読みする

怪獣8号・チェンソーマン・似てる
【似てる?】チェンソーマンと怪獣8号ならどっちが面白い?怪獣8号とチェンソーマンは果たして似ているのか? 良く似ていると比較される2作品ですが、結論から言うと大まかな設定に関しては確かに似ています。しかし面白さに関しては全く別物と言って良いでしょう。 この記事ではそんな怪獣8号とチェンソーマンについて共通点や面白さをまとめていますので是非参考にしてみてください。...
ABOUT ME
コイデコ
漫画好きの2人が漫画と電子書籍の情報をメインに発信していきます。
電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

初回50%割引や割引セールが豊富
・Yahooアカウントで簡単登録
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

コミックシーモア(おすすめ)
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
特徴

初回70%OFFクーポン
・取得できるクーポンが多い
・買い切り以外のプランも充実。
・etc…

料金体系1冊単位の購入,分冊版,読み放題
品揃え55万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ