漫画ネタバレ・感想系

【1話~23話】雨と君と1巻ネタバレと感想【ほのぼのと思いやり】

【14話~17話】来世は他人がいい4巻ネタバレと感想!【大阪で暗躍!】
コイ
コイ
たぬきとお姉さんの友情を描いたTwitterで話題の「雨と君と」が一巻発売!
ネタバレと感想へジャンプ
デコ
デコ
夏をテーマに描かれた短編が盛り沢山で読み応え抜群!絵も美しく、眺めてて幸せな気持ちになりますね。

今回は「雨と君」のネタバレ1巻の感想とネタバレをまとめてみました。

\ 今なら初回50%OFF /

雨と君と1巻を無料試し読みする

【1話~23話】雨と君と【ネタバレ】

「雨と君と1巻」はお姉さんとたぬきが一緒に住んで日々を謳歌するほのぼの日常物です。

今作は夏という季節感を多く取り入れ、不思議な二人組が安定した距離感で見ているこちらを癒してくれます。
では以下に「雨と君と1巻」のネタバレを書いていきます。
まずわかりやすいようにポイントをあげますね!

ポイントは3つ
  • かわいいたぬきの仕草にやられる!犬にも猫にもない癒しを堪能できます!
  • お姉さんが綺麗!たぬきと並ぶといい凸凹コンビで、ちょっと天然なのがまたいい!
  • 夏の小さな事柄から大きな風物詩まで、夏の思い出を振り返ることが出来ます!
各話数にジャンプ

1話:雨と君と

雨の中で傘もささず濡れた格好のままお姉さんが歩いていると、「拾ってください」と書かれた紙が貼られてある段ボールに入ったたぬきに出会いました。

お姉さんはそれを見て「犬、かな?」と思い、足を止めます。目と目が合う1人と1匹。たぬきは段ボールに貼られてある紙をめくり「飼いやすい!」と書かれてある紙を見せてきました。

コイ
コイ
「このたぬき、できる!」
デコ
デコ
「意思疎通の仕方をその手法でするとは、意外性のあるたぬきですね」

お姉さんは思わず「芸達者!」と思うのですが、お姉さんの家では面倒がみられません。

それを残念そうにたぬきに伝えるお姉さん。

しかしたぬきはそれをよそに何やら段ボールの中をごそごそ。
そして取り出したるは折り畳み傘!自分が濡れているのにもかかわらず、折り畳み傘を「使って」と言わんばかりにお姉さんに差し出すたぬき。それを見てお姉さんはたぬきの優しさに胸をうたれたのか「うちに来る?」とたぬきの手を取るのでした。

2話:確定事項

捨て犬の育て方を調べるお姉さん。その傍らで段ボールを小さくたたむたぬき。そして何か伝えたいのか油性ペンを出して机に書こうとします。机に書かれたら困るので制止してノートブックを差し出すお姉さん。

コイ
コイ
「人間世界のことが全てわかるわけでは無いのでしょうね」
デコ
デコ
「お姉さんに教わっていってほしいですね」

キュッキュッと音を立ててノートブックに書いた文字は「ありがとう」と肉球マーク。
それを見て「芸達者なワンちゃんね」と微笑むお姉さん。
そしてその後続けて「明日は検査と予防接種ね」とたぬきに言い渡します。そうするとさっきまでの愛嬌はどこへやら、険しい顔になるたぬきなのでした。

3話:予防注射

動物病院で獣医さんが「次のコいらっしゃ~い」と呼びかけます。呼ばれて現れるお姉さんとお姉さんの足に引っ付くたぬき。

その様子はまるでコアラの様。予想外の動物が現れ戸惑う獣医さんはボケのつもりで「コアラちゃんかな」と言いますが「捨て犬です」とお姉さんは真顔で返します。

「昨日拾ったので検査と予防注射をと思って」と言ってお姉さんに診察台の上に置かれるたぬき。

ノートブックには「犬です」「やさしくして」と書いて必死で獣医さんにアピール。それもむなしく「ぶっといやつ注射しときますね」と獣医さんに言われ、刺されてたぬきはしょんぼり。

コイ
コイ
「犬であることを視聴し通しますね」
デコ
デコ
「しかし獣医さん、容赦ない」

しかし予防接種よりも獣医さんは言いたいことがあるようです。この子は犬ではなく…、そう言おうとでも思ったのでしょう。しかしたぬきが「犬!」と書いた紙を見せてアピールするので獣医さんは言いたいことは言わず笑顔で「めっちゃ健康です」とグットサインするだけにしました。こうしてなんとか予防接種と検査は終わったのでした。

4話:おとなりさん

予防接種からの帰宅後、マンションの部屋の前で小学生の女の子に「こんにちは」と挨拶されるお姉さん。この子は隣に住んでる「きいちゃん」で、今日は午後までしかない授業から帰ってきたところでした。きいちゃんはすぐにお姉さんの小脇にかかえられているたぬきに目をつけます。たぬきを見て「犬!」と嬉しそうに反応するきいちゃん。

コイ
コイ
「きいちゃんかわいい!」
デコ
デコ
「この漫画は人間も丁寧に描かれてていいですね」

たぬきもノートに「よろしく」と書いたものを見せます。これを「フリップ持たされてる。かわいい」ときいちゃんは大喜び。

そしてハーネスが余っているから一緒に散歩しませんか?とお誘いしてくれました。

きいちゃんはきなこという犬を飼っているらしく、たぬきはどんな犬が来るかなとワクワクして妄想を膨らませます。しかし現れたのは凶暴な柴犬でした。たぬきは怯えて震え「ムリ」と書かれたノートを手に持ちます。

「お散歩ダメそうですかね」と聞くきいちゃんですが、お姉さんはたぬきの気持ちを察せられず「大丈夫なんじゃない?」と軽く受け入れてしまうのでした。

5話:公園

猫が集まる場所にお兄さんが猫をなでにやってきました。

猫たちは撫でられてご満悦。その中にたぬきも混ざっていました。撫でてと言わんばかりにお腹を見せていたたぬき。しかしお兄さんは「君、ネコじゃないよね」真顔で厳しく指摘。指摘されたたぬきは「ネコ」と書かれたノートブックを手に持ってアピールします。

コイ
コイ
「たぬき、たぬき以外なら何でもいいのでしょうか」
デコ
デコ
「それほど撫でられたいんですね」

しかし「ネコはフリップ出さない」とさらに鋭い指摘をしてくるお兄さん。なんとも言えない空気が1人と1匹の間に流れます。

そこにお姉さんが走ってきて「その子うちのコなんです!」と言って現れました。どうやら散歩中に逃げ出したらしいたぬき。

お姉さんに捕まり連れていかれます。お兄さんはたぬきをなんと言ったらいいのか迷っていましたがお姉さんは「ああ、犬です」と言います。

お兄さんは「お姉さん、多分犬じゃ」と言いかけますがたぬきは今度はノートブックに「犬」と書いてアピール。お兄さんは内心「犬でもねーだろ!」と突っ込みますが、お姉さんの優しい微笑みを受ければそんなことはどうでもよくなるのでした。

6話:お父さん

お姉さんのお父さんがたぬきのいる家にやってきました!強面にサングラスで登場!犬を飼ったと聞いて居ても立っても居られずやってきたようです。

そこに現れるたぬき!一目見て「かっかわい~」とお父さんは感激!もふもふしながら犬用のおやつを出します。そうするとたぬきは「うれP」と書かれたノートを出して恒例の意思表示!しかしその行動にお父さん、驚いて尻もち!「ば、化け物」とたぬきの行動に怯えます!

コイ
コイ
「お父さん、ビビりすぎです!」
デコ
デコ
「でも驚くのも無理はないですね」

お姉さんはその様子を見て「驚いたでしょ、芸達者よね」と説明します。するとお父さんは納得したようで、またすぐたぬきをかまいます。ここでお姉さんはお茶を入れてきます。

お父さんが持ってきてくれたお菓子とお茶を並べてお茶会を始めました。

「天使ちゃんのおやつは何かな~」とお父さんは持ってきた犬用おやつを持ってたぬきに問いかけますが、たぬきはフォークを使って机に並べられていた人間のお菓子をパクリ!お父さんはまた腰を抜かしてしまいました!たぬきは「おいしい」とご満悦ですが「勝手に食べたらだめでしょう」お姉さんに叱られるのでした。

7話:天丼

出てきたのはおいしそうな天丼を食べるお姉さん。美味しかったようでお姉さんは満面の笑みですが、一方たぬきは不服そうな顔でガリッガリッとドックフードを食べています。

竿して無言の圧でお姉さんに異議申し立てます。そうしたらお姉さんの方からエビの尻尾がたぬきの皿に入りました。尻尾だけなのは油分や塩分は犬にはよくないと思ったお姉さんの配慮からです。しかし納得のいかないたぬき。震えながら「もっと」と要求します。

コイ
コイ
「たぬきにとってご飯はすごく大事なことなんですね」
デコ
デコ
「震えながら要求する様がその必死さを表しています」

そうするとお姉さんは仕方なくもう一匹のエビの尻尾を皿に入れました。

たぬき、遺憾の意!と言わんばかりの顔をしますがお姉さんはお茶でくつろいでいてたぬきを見ていません。たぬきは仕方なく尻尾を食べるのですが、その顔は不服そうなままでした。

8話:お風呂

お姉さんが服を脱ぎながら「お風呂…入る?」とたぬきに尋ねると「はいる」と嬉しそうにノートを出しました。お姉さんはたぬきが水が平気そうなことが意外な様子。

「雨降ってきたわねー」とぼやくお姉さんの隣でノートブックや頭の葉っぱを丁寧に片付けるたぬき。そしてもこもこにあらわれ、その後水で流されてたぬきはややボリュームダウン。

大きめの洗面器にお湯をため、小さめのタオルを置いてたぬきを入れてあげます。お姉さんはおもむろに電気を消し「暗いの恐くない?」とたぬきの方へ確認。たぬきはタオルを頭に乗せてご満悦の様子。平気みたいですね。

コイ
コイ
「暗いお風呂、なんだか落ち着きますね」
デコ
デコ
「夏の夜の雨を楽しむお姉さんとたぬき、素敵です」

暗い風呂場に1人と1匹。「雨が好き、暗い所も。君も好きでよかった」と言うお姉さん。穏やかな雰囲気がお風呂場に流れます。

9話:お昼寝

お姉さんが電話をしているところをたぬきがうろちょろしています。

お姉さんの電話のお相手はお姉さんのお母さん。内容はお父さんが撮ってきたたぬきの写真が全部ブレているというもの。お姉さんは自分のスマホで撮ろうとしますが、蜘蛛にじゃれたり、落ち着きがなかったり全然うまく撮れません。

コイ
コイ
「撮られたくないという想いがなんとなく感じ取れますね」
デコ
デコ
「偶然かもしれませんが、もしかしたらシャイなのかも?」

しかしたぬきが疲れて寝るというシャッターチャンスが到来!

初めは撮ろうとするお姉さんですが「起こしちゃ悪いわよね」と、スマホを構えるのをやめます。そしてたぬきと共にタオルをお腹に書け、日当たり良好な窓辺で1人と1匹でお昼寝。起きた時には夜で、お母さんから本命の写真が送られてないことを催促されてしまう、おとぼけなお姉さんなのでした。

10話:文房具屋さん

チラシの裏に字を書こうとしたたぬきですが、シャーペンとチラシの裏では書きにくく、うまくいきません。

たぬきはそれがとてもショックのようで紙に埋まれ寝転んでます。「階に行かなきゃね」と言ってお姉さんとたぬきは文房具を買いに出かけます。文房具屋さんについて、お姉さんはたぬきの要望を聞き入れて「床で書いたり、手で持ったりできるノートとつるつるとした手触りのペンをください。

ゴム製だとどうしても毛がくっつくので」などと話します。それを聞いた店員さんは「床…?毛…?」と疑問に思います。

コイ
コイ
「店員さん、まっとうな反応ですね…」
デコ
デコ
「傍から聞くと謎な注文ですね」

そんな時、たぬきがお姉さんのカバンからぴょこっと顔を出しました。店員さんはそのたぬきにかわいいと大喜び。そしておすすめのペンとノートを差し出してくれました。それに対してたぬきは前足で丸を作ります。更に店員さんは贈り物用のラッピングを提案してくれますがお姉さんは丁寧に「ペット用なのでそのままで」と言って断ります。

店員さんはその言葉に「どういうこと…?」と謎に思いながらお姉さんたちを見送ります。帰宅後早速使ったたぬきは使いやすかったようで「かきやすいE」とノートに書いてお姉さんに見せているのでした。

11話:迷子

蝉が鳴る炎天下の空の下、お姉さんといつも通りカバンに入ったたぬきが立っていました。

お姉さんはスマホを見てきょろきょろ周囲を見渡しています。そんなお姉さんを伺うように「まいご?」とノートを出すたぬき。「そうね」とお姉さんは落ち着き払って答えます。

たぬきは何故か「おそろい」とノートに書いて嬉しそう。

しかしこの熱い外ではたぬきも元気がなくなってしまうので、お姉さんはペットボトルのお水をたぬきに与えます。その後、お姉さんは空を見ながら「大人になったら迷子になんてならないと思ってたのに」とぼやきました。

するとたぬきは「おそろい」と書いたノートをお姉さんに見せてそっと頷きます。お姉さんは微笑みながら同意するのでした。

12話:カステラ

お姉さんのお母さんが家にやってきました。

たぬきを見て「思ってたのと違う」「天使ではない」と辛口な批評をします。

これにはたぬきも撃沈。そして持ってきたカステラをお姉さんと食べることにするお母さん。するとたぬきは食べたそうにお母さんを見てきます。それに対してお母さんはたぬきにお手やおすわりを言いますが、たぬきはいまいちピンときません。「おバカそうね」とまたも辛口批評。

コイ
コイ
「たぬき、普通の犬っぽいことはできないんですね」
デコ
デコ
「お姉さんが教えてないのかも?」

たぬきは置いておいてお母さんはカステラを食べようとします。すると近寄って自分の皿を差し出すたぬき。「体に悪いからあげない」と言い放つとたぬきまたも撃沈。しかしたぬきもめげません。お母さんが捨てたカステラにひっつく紙をゴミ箱から漁ってしゃぶります。これにはお母さんも「一蹴回って賢いんじゃない?」と言うのでした。

13話:カブトムシ

少年がカブトムシ探しに奮闘しています。

なかなか見つからず、暑さにもばてている様子。そこにカブトムシを加えたたぬき登場!「イタチ!?タヌキ!?」と驚く少年に「犬です」と書かれたノートを見せますが、それよりも少年はたぬきに群がるカブトムシに目が行きます。

とっさに「うわああカブトムシ!!!」とたぬきに虫取り網を被せてしまう少年。たぬき、めっちゃ不服そう。そっと網を外します。少年はクワガタとカブトムシのトレードを申し込みますが、たぬきは首を横に振ります。

その代わり何やら道案内をするたぬき。少年がたぬきの後をついていくと、そこにはカブトムシがいる木がありました!喜ぶ少年とドヤ顔のたぬき。

コイ
コイ
「動物と少年のやり取りって和みますね」
デコ
デコ
「たぬきの隠れた特技に少年大歓喜!変わった友情が生まれました!」

少年はあわてて家に帰るとお母さんにスイカを2つ切ってもらうようせがみます。そして縁側で少年とたぬきでスイカを頬張るのでした。少年はとてもうれしそうです。

14話:海、昼間

お姉さんとたぬきは海水浴場に来ていました。

たぬきが昨日、テレビの海水浴場でのスイカ割りを見たため、行きたがった結果、やってきたのです。しかしスイカはありませんし、お姉さんは水着を持ってきていません。それにはおもっていた海のイメージとかけ離れてしまい、ショックをうけるたぬき。

コイ
コイ
「喜怒哀楽が激しくてまるで子供みたいなたぬきですね」
デコ
デコ
「海、このまま楽しめないまま終わるのでしょうか?」

しかしお姉さんがスコップでお風呂っぽい穴を浜辺に作ってくれました!そこにちょこんと入るたぬき。そうすると浜辺にはカニがやってきて思わずはしゃぎます。お姉さんはそれを見て楽しんでることにホッとするのでした。

15話:海、夕暮れ

たぬきは海がすっかり気に入り楽しんでいる様子。でもお姉さんはテンションが上がっていません。それを気にしたのか「たのしいね」「たのしくない?」「たのしいって言って‼」と次々ノートを見せてきます。

コイ
コイ
「お姉さんと一緒に楽しみたいんですね」
デコ
デコ
「お姉さんはどう思ってるのでしょうか?」

一通りアピールするといじけるたぬき。

それに対してお姉さんは「季節の良さを全身で感じたいけれど、それを言葉にするとちょっと違う、それは困る事もあるけど大事なことなんだ」ということをたぬきに語りました。

「君には少し難しかったかな?」と聞くとたぬきは何かを察したのかこくりと頷きます。そして帰る間際「焼きそば食べて帰ろうね」と言うと飛び上がって喜ぶたぬき。

16話:プレゼント

お父さんが険しい顔で「大事な話がある」と言ってきました。

タバコを吸おうとしますが「禁煙したんじゃないの?お母さんに言うよ」のお姉さんの一言でしゅんとするお父さん。まずはと言って取り出したのはペアルックのTシャツでした。それをすぐ拒否するお姉さん。

それを「想定内だ」と言って次に取り出したのはたぬき用のシャツでした!喜ぶたぬきですが、お姉さんがそれを止めます。

コイ
コイ
「ださい、ですね」
デコ
デコ
「お父さんはなかなかセンスが面白いです。毎回Tシャツに注目!」

たぬきにさっそく着せようとするお父さんですが、たぬきはいません。どうやらベランダにいたようです。

ベランダから出てきたたぬきは口に蝉を咥え「ありがとう」と書かれたノートを持って現れました。虫が嫌なお父さんは腰を抜かして逃げます。お姉さんはたぬきをベランダにやり「逃がしてあげなさい」と言って蝉を吐き出させるのでした。

17話:道案内

お姉さんとカバンに入ったたぬきは商店街で煎餅を食べていました。

そこに外国のカップルが声をかけられます。道を聞きたい彼らですが、たぬきを見つけるとその可愛さに夢中になります。そうなると急にたぬきが外に出たがります。道案内するのかな?と思うお姉さんでしたが、たぬきは寝転んでくねくねと撫でてアピールをするだけ。

それをかわいいと言うカップルの女性の方と、冷静に雷門までの道を聞く男性。お姉さんは勘違いしたことが恥ずかしかったのか、顔が真っ赤です。

コイ
コイ
「さすがにたぬきも道案内まではできなかったようですね」
デコ
デコ
「かわいがられることが第一みたいですね」

お姉さんはその後2人を案内し、たぬきは女性からとてもかわいがられたのでした。

18話:健康診断

たぬきの年1の健康診断にきました。先生は何か気合を入れている様子です。

コイ
コイ
「とうとうたぬきという事実を伝えるのでしょうか!?」
デコ
デコ
「この気合の入れ方、相当な決意を持ってのことのようですね」

「ちょっと気になることがありましてね」そういう先生はプリントアウトしたたぬきの画像をお姉さんに見せます。

それを見てお姉さんは「タヌキがお好きなんですか?」と一言。伝わらなかったことにびっくりする先生。伝わらなかったことを想定してなかったのか、先生はうんうん唸った後「血液検査からはじめちゃいましょうか!」と伝えることをあきらめ検査するのでした。

19話:ネックレス

お姉さんがいつもと違ってネックレスやイヤリングをつけて家に帰りました。

そこに帰宅したお隣の小学生きいちゃんが「綺麗ですね!」と反応。「つけてみる?」と言うお姉さんに「いいんですか!?」と大喜び。そして何故かたぬきも「いいの!?」とノートを出して喜びます。

でもたぬきは飲み込んでしまうからダメ、と言い渡されてしまいました。それにきいちゃんが何か思いついたみたいで「ちょっとまってて!」と一度帰宅。今度帰ってきて渡されたのはシロツメクサのドライフラワーによるネックレス。

コイ
コイ
「たぬき、似合います!」
デコ
デコ
「シロツメクサをドライフラワーにするなんて、オシャレでいいなぁ」

きいちゃんは「お姉さんのネックレスみたいに立派じゃないけど」と言いますがたぬきはそれを聞いて「おんなじ!」書かれたノートを見せます。それにお姉さんも「見た目は違うけれど同じ素敵なネックレス。

だからありがとう」とお礼を言うのでした。きいちゃんは笑顔が戻り「はいっ」と元気に返事を返しました。

20話:ひまわり

お父さんが家にやってきて、ひまわりの種を食べていました。それをたぬきも食べるかなと思いあげようと思いますが、当のたぬきはひまわりの種を食べたらお腹から芽が出ては花が咲いて自分は養分になるのではないかと妄想します。

コイ
コイ
「想像力豊かなたぬきですね」
デコ
デコ
「子供の頃、スイカの種を飲みこんだらへそから芽が出るなんて、想像した方もいるのではないでしょうか?」

お姉さんもひまわりの種を食べて「結構おいしい」とコメントしますが、お姉さんにひまわりが咲いちゃう!と思ったたぬきは必死にお姉さんが食べるのを阻止!しかしお姉さんには伝わらないのでした。

21話:台風

近くで神尾なりが鳴る雨の日のこと。たぬきは雷にビビっています。お姉さんはちょっと貸して、と言って窓に息を吹きかけ、たぬきの肉球を窓にポン!たぬきはそれに大喜びしてマネします。子供の頃からこの遊びが好きだったお姉さん。

コイ
コイ
「雨の日を楽しんでいる感じでいいですね」
デコ
デコ
「その日しかできない遊びを豊かに楽しんでるって感じです」

今思うと暗い子で1人が好きだったと語りますが、それをたぬきは「今は?」と尋ねます。それに対して「これはこれで、ね」と微笑むお姉さんなのでした。

22話:雨の日

お姉さんが外に出ると雨が降り始めました。本降りになり、バスも逃してしまい、びしょぬれのまま街を歩きます。

コイ
コイ
「サイレントでお送りしていこの回、描き込みも多く、物語が伝わってきやすいです」
デコ
デコ
「雨の音が聞こえてきそうですね」

そして家に帰ると、玄関先でたぬきがタオルを持って待っていました。それには思わずお姉さんも笑顔になります。そしてたぬきがノートに「おかえり」と書いたのを見せるのでした。

23話:夏の終り

お母さんから花火第階に行こうと言う知らせが入りました。

お隣のきいちゃんを誘ってお父さんとお母さん、お姉さんときいちゃんとたぬきというメンバーで花火第大会に行くことに。お父さんは自分と同じ甚平をたぬきに着せたがりますが「ださい」と書いて嫌がります。その後、賑やかな屋台を歩く一同。

イカ焼きを食べるきいちゃんによだれを垂らすたぬきを制止したり、買い込むお父さんに今日だけよと注意するお母さんがいたり、各々で楽しんでいる様子。たぬきもシロップ無しのかき氷を食べ頭をキーンとさせて夏祭りを満喫します。

コイ
コイ
「まさに夏の風物詩!沢山の書き込みでみてるこちらまで楽しくなります!」
デコ
デコ
「どこか懐かしさを感じる風景でもありますね」

そしてそろそろ花火なので場所取りしていたところに行こうという流れに。キーンと頭を痛がってる狸を見るためお姉さんとたぬきだけ別行動することにしました。

「お祭り楽しい?」とたぬきに尋ねるお姉さん。

たぬきはいつもするように手で丸をします。しかし!お姉さんが食べ物を買っている間にどこか行ってしまうたぬき。たぬきが心配で必死に探すお姉さん。すると屋台の列の端にたぬきの尻尾が!追いかけると逃げてしまうたぬき。そして行き着いたのは絶景の花火スポットでした。

「もしかして、ここに案内してくれたの?」とたぬきに尋ねますか、たぬきは花火を見て効いているのかいないのか、わかりません。「まかさかね」なんて言ってお姉さんも花火を見るのでした。こうしてお姉さんとたぬきの夏が終わります。そして次は、秋の始まりです。

【考察】雨と君と【感想】

コイ
コイ
お姉さんとたぬきの帆のぼろ日常物ですが、細部にわたって線が綺麗で細かく描かれ、読んでいたら夏の気分を味わえる作品になっていたのではないでしょうか。
デコ
デコ
またかたくなにたぬきを否定するわけが知りたいですが、そこを突っ込むのは無粋かな?と思える、そんな距離感でしたね。それがとても心地よく、読んでいて妙な安心感がありました。たぬきの配慮や素直な思いやりにも癒されます。ぜひ、疲れた方は読んでみてください。
\ 今なら初回50%OFF /

雨と君と1巻を無料試し読みする

電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

・初回50%割引や割引セールが豊富
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ

まんが王国
まんが王国
特徴

・ポイント還元率が高い
・毎日もらえる来店ポイント
・etc…

料金体系ポイント制(都度・月額)
品揃え非公開
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ