漫画ネタバレ・感想系

【4話~9話】来世は他人がいい2巻ネタバレと感想!【アングラな三角関係!】

【4話~9話】来世は他人がいい2巻ネタバレと感想!【アングラな三角関係!】
コイ
コイ
来世は他人がいい1巻は吉乃と霧島の出会い、霧島の本性や吉乃の高いプライドについて掘り下げて描かれていました。

2巻はさらに任侠の世界をクローズアップし、高校生活だけじゃない広い世界観で半死が進みます!

ネタバレと感想へジャンプ

他にも新キャラ登場で、霧島の恋にも人間関係やパワーバランスが生まれます。
また、1巻とは違う角度でキャラの人間性が掘り下げられ、厚みが生まれました!

デコ
デコ
今回はそんな来世は他人がいい2巻のネタバレと感想についてまとめていきます。
来世は他人がいい各巻のネタバレ・感想はこちら
\ 今なら初回50%OFF /

来世は他人がいい2巻を無料試し読みする

【4話~9話】来世は他人がいい・ネタバレ【2巻】

では以下に「来世は他人がいい1巻」のネタバレを書いていきます。
まずわかりやすいようにポイントをあげますね!

2巻の分冊

4話:誠意を見せたい。あわよくば少し好きになってほしい2

吉乃のいる教室で霧島は今回殺された赤座興業の準構成員について話します。どうやら彼は闇バカラとインターネットカジノにハマっていたようで、行方不明の赤座しおりと関わりのあった人物の様です。そんな話を霧島から聞かされた吉野は「どこで調べてくるの」と聞きますが「教えない」とにっこり笑う霧島。吉乃はその返答に怒りますが傍からは仲が良さそうな様子にしか見えません。そして霧島は話を続け砥草会のシマ事情以外は知らないと答えます。東京は大阪に比べシマ事情がキッチリ分かれているようです。そのことを吉乃は知りませんでした。

コイ
コイ
こんな話を堂々と学校でする2人は少し異様ですね
デコ
デコ
高校生らしからぬ会話ですね。さすが極道

その夜、吉乃は稲盛に運転を頼んで壊れてしまったドライヤーを買いに出かけました。稲盛と会話のネタは霧島です。霧島が深山会長の実の孫ではなく大叔父であるという話がされましたが、それは詳しく話すとどうも詳しくは引き取られたとは違うようです。霧島が小学生の時、大きな暴力事件を起こし、深山会長がその後処理を引き受けたのが詳しい事情の様です。その暴力事件の内容はすさまじいもので、吉乃も背筋がゾッとしました、そんな話をしていると、窓の外で見覚えのあるタトゥーを見つけます。それは写真で見た赤座しおりのものでした。行方不明になったはずの彼女がどうして東京に…?謎が深まります。

5話:誠意を見せたい。あわよくば少し好きになってほしい3

赤座しおりを見つけた吉乃は車を降りて霧島に電話をします。「赤座会長の娘を見かけたんだけど」と言う吉乃に霧島は何か納得し、察した様子で「やっぱり赤座しおりの行方不明は狂言だ」と吉乃に今の取り巻いている状況を話始めます。

どうも深山組で調べていたことと霧島の推理、吉乃の目撃証言を合わせると、赤座しおりは今赤座組長もグルで行方不明と言うことにし、身を隠しているようです。吉乃はどうしてかと問いますが、それは後で話すと言う霧島。そして霧島はあろうことかその予測が当たっているか確かめたいということで赤座しおりに会いに行くと言い出すのです!

吉乃は「いらんこと言った」と後悔しますが、それならその責任を撮るために自分も行くと言い出します。そういうことから2人は合流し、赤座しおりのいるクラブのVIPルームに乗り込むことにしました。そこには闇バカラでフィリピンマフィアを捕まえて5億せしめたという話をしている赤座しおりと半グレ集団がいました。その5億せしめたことでフィリピンマフィアが怒り、赤座しおりと組んでた準構成員が死んだということの様子。

そこにドアを蹴って霧島が乱入!吉乃も後ろから部屋に入ります。そして霧島は赤座しおりに「マフィアを裏バカラを誘ったのはミスだ。5億だけじゃなく命を狙われてるこの状況は組に迷惑をかける」と説明します。だからこれから赤座しおりが予定する高跳びしないで深山組に来ないかと説得する霧島。どういう目的かはわかりませんが、赤座しおりは警戒しっぱなし。そしてその直後です!吉乃の背後に男性が集まっていました。そして吉乃に邪魔だと言って強烈なパンチ!倒れる吉乃に、霧島はブチギレます。

そこからは今までの交渉が何だったのか、半グレ集団と乱闘です。「殺す」と断言して大暴れする霧島。その恐ろしさに、さすがの吉乃も怯えますがそれよりも自分が弱いからこんな状況になったことが吉乃のプライドに火をつけました。吉乃は霧島の背後をとる男性に思いっきり瓶で後頭部を殴りつけ、さらに買ったドライヤーでも殴りつけ、恐ろしい顔つきで「お前が死ね」と吐き捨てます。

コイ
コイ
やはり吉乃のキレた顔は超怖い!
デコ
デコ
けど自分のプライドの為に立ち上がり、戦える女性って強くて憧れます

そんな吉乃を見て霧島の暴走はようやく止まり、赤座しおりは部屋の隅でたまたま投げられた灰皿に当たって気絶しており、一件落着をしたのでした。
そして後日、赤座組長は除籍、赤座しおりは海外へという処分が決まったそうです。その報告を吉野のクラスにやってきてまで話す霧島ですが、見た目が明らかに怪我だらけ。どうやら深山組で騒動を起こしたことを叱られたようです。

けれど深山組はフィリピンマフィアと契約しており、赤座しおりを見つけ出し5億返すことを条件に和解の契約を撮っていました。すべては深山組の狙い通り。報酬として5億の半分をもらった深山組ですが、赤座しおりを見つけた霧島、ひいては吉乃に1千万円の報酬が渡されました。その報酬をポンと学校の机の上に置く霧島。

吉乃に腎臓を売らせたことへの誠意だったようです。そのズレた感性に「アホらし」と突っぱね、お金はいらないから壊れたドライヤー買うのを付き合えと霧島に言うのでした。霧島はもちろんそれに笑顔で応えます。これにて今回の騒動は本当の終焉を迎えたようでした。

6話:人間一年生

霧島がグラビアアイドルの彩乃とベッドでイチャイチャしているところから話が始まります。霧島は嬉しそうに吉乃の話を始めて、彩乃はいやいや話を聞いてあげる状態に。

霧島の吉乃の隠し撮り写真を見て彩乃は「美人」と評価しますが、何で隠し撮りなのかと問います。すると霧島は「カメラを向けると吉乃すごく動くんだ」と説明します。それを聞いて彩乃は「やばくない?」と驚きの顔。それって嫌われているということだと指摘します。

霧島は意外そうな顔をして「嫌いって言われてないよ?」と言いますが、毎日怒られている現状でそれはストーカーな上、嫌われているのではないかと霧島は彩乃に言われてしまいました。その後、場面は変わり、夜が更けた頃。吉乃が寝ている部屋に霧島が入ってきました。吉乃は寝ぼけていて、その状況がいまいち理解できません。

朝起きて、あのことは夢だったのかと考えますが、嫌、あれは夢じゃないと思い直す吉乃。そして部屋中をうろうろし、霧島の行動にまたも振り回されている自分に気付きます。そのことに苛立つ吉乃。そしてその晩、またも霧島が部屋にやってきました。寝たふりをしつつ様子を吉野はうかがいます。けれど、霧島は吉乃の背後に座っているだけ。一応護身用に吉乃は包丁を備えています。ですが霧島は何をしたかというと、吉乃の長い髪を三つ編みし始めました!

デコ
デコ
コイ
コイ

突然かわいいこと始めましたね霧島!

[/chat]
デコ
デコ
ミステリアスなのは変わらないですが、普段とのギャップを感じます!

その行動の謎さにとうとうしびれを切らした吉乃は包丁を持って「あんたさっきから何やって」と叫ぶのですが、その瞬間!霧島は吉乃を動けないよう凄い速さで組み敷きます!そして「びっくりした。起きてたの」と少し驚いた表情の霧島。

どうやら体が勝手に動いたらしく、その後は冷静に吉乃を心配します。そんな状況でもそこは吉乃、ちゃんと持ち直し、霧島を怒鳴りつけます!そして説教に移行!「私がされて嫌なことはするな」と吉乃が言い聞かせると、霧島は凄く素直に納得しました。

そしてどうして部屋に入ったのかと聞くと「吉乃の怒った顔しか見たことなかったから、寝顔を見たかった」という霧島。どうやら嫌われてるかもしれないと考えた霧島が起こした行動が今回の部屋の侵入だったようです。その答えに「怒るのは今回みたいに犯罪的なことしかしないからだ」と指摘する吉乃。そして「ルールも守れないような男に怒らないのを見るのは無理だと思うけど」と言います。さらには「ルールも守れない、腐るほど女がいる男だってことも2週間いたらわかるわ」とさらっと指摘。霧島は女のことはバレてないと思っていたので戸惑いました。しかし吉乃にはバレバレだった様子。女性関係を知ってて怒ってもらえないのはどうして、と疑問に思う霧島に「お前に惚れていない」とはっきり言う吉乃。

コイ
コイ
溝を感じます!
デコ
デコ
霧島色男が形無しですね、逆に言い切る吉乃が男前!

そう言われてしまいますと、その後は「俺の事嫌い?どうしたらいい?」と問い詰めるしかない霧島。そんな小学生のようなことを言う霧島に吉乃は「あんたが変われるわけないでしょ」と言った後「飾り気もないしブレもない、アンタにいいところがあるとすればそこだけ」と霧島の目を見てはっきり言います。

霧島にはその返答が嬉しかったのか「俺も吉乃大好き」と吉乃を押し倒します。それに対しては「好きと言ってはない」と全否定する吉乃ですが霧島には関係ない様子。吉乃が好きで好きでたまらない彼は、結局吉乃を気にせず愛を貫くのでした。

7話:拳で殴らず笑顔で脅す

朝6時に庭の草の水やりをする吉乃。そこへ郵便を届けに霧島がやってきました。

郵便の中身は吉乃の父親の写真でした。吉乃が生まれる前に亡くなっており、ヤクザが嫌いな普通の人間だったようです。交通事故で亡くなったと話す吉乃ですが、霧島は何か引っかかる様子。話題を変え、吉乃の祖父が東京に来ることを吉乃に話しました。吉乃は初耳!どうやら重要な会議、剛友会の会合に出席するようです。

内容は東京のヤクザの頭が集まるサミットのようなもの。吉乃の祖父、染井組長は深山組長、さらには深山組長と同じところを本家とする竜舌一家の秋目総長と昔仲がとてもよかったそうです。会議では真剣な顔をしますが終わったらあっけらかんとした表情で染井組長が二人と話しています。

コイ
コイ
でもどこか秋目総長は信用してはいけない雰囲気を醸し出して笑っていますね
デコ
デコ
意味深です

そして場面は変わって吉乃がある人物に電話しているところに変わります。どうやら送られた写真が足りなかったようで、実家の方に置いてないか確認しているようです。「探しといてくれへん?」とお願いする吉乃に、タバコを吸い、刺青の入った青年が「また探しておきます」と答えました。新キャラ登場のようですが、ここで一度幕が閉じます。

8話:地獄の三角関係【前編】

吉乃は染井組の布袋という男性に会っていました。布袋は染井組長の側近で、吉乃を育ててくれた人です。

布袋さんはあって雑談していると、流れから霧島を一度大阪に連れてこい、と言われます。確かに結婚の約束も(祖父同士が)していますし、筋としてはそうかもしれません。しかし吉乃は嫌な予感しかしませんでした。そんな時、昨日電話かけていた青年、翔真が頼まれていた写真を渡しに吉乃に会いに来ました。本当は霧島と予定があったのですがキャンセルして翔真と出かけることにした吉乃。ホテルに一泊するつもりなのに服を買っていない翔真にため服を買いに行きます。2人は大変仲が良く、昔の思い出をそれなりに共有する仲の様です。

コイ
コイ
翔真には霧島と違った魅力を感じますね
デコ
デコ
気だるげで何だかんだ優しい、けれど世話の焼けるイケメンって感じのようですね

そんな翔真を快く思わない人間が1人。霧島です。霧島は自分の家の地下室に情報を保存、管理をしており、そこで翔真の情報を確認しているようでした。霧島にとって翔真は気になる存在の様です。そんな霧島のことなど知らず、吉乃と翔真はご飯を食べに行きます。

大食いの翔真に合わせて食べ放題に行きました。話題は今回の会合のことです。どうやら染井組は関西から関東に進出するたび、毎回抗争がなぜか起こっているようです。染井組は深山組とも兄弟の杯を交わしている仲なのにもかかわらず、です。理由はわかりません。

翔真の予想では今回もが起こるのではと思っています。吉乃がいる限り染井組長が起こさせるとは思わないけれど、と翔真は言いますが、気になる話ではあります。そして食事が終わると翔真がとったホテルへ行き、吉乃は食べ過ぎで苦しくなり寝転んでしましました。そんな吉乃に翔真は霧島のことを尋ねました。

吉乃は「あいつには負けたくない」という気持ちで日々すごしていると答え、笑いながら大阪に帰りたいとも言います。すると翔真は真剣な表情で「一緒に帰ります?」と尋ねてきました。吉乃が霧島について日々悩まないためにも「吉乃さんの代わりに深山霧島こと殺したる」とまで言い放ちます。それには吉乃も驚きの表情。そこまでではない、と翔真の言動を否定しますが、翔真の顔はまじめです。その後翔真はタバコを吸うと言って外に出ていきます。するとそこで「路上喫煙禁止ですよ」と声をかけられます。それはまさかの霧島!どうしてここに彼が!そう感じさせながら次回に続きます。

9話:地獄の三角関係【後編】

翔真に自己紹介する霧島。吉乃を迎えに着たと言う彼は尽けていたのかと聞かれますが、はぐらかしつつ翔真と話します。翔真は吉乃と結婚するという霧島に敵意丸出し。また、深山組長の指示で動いているではないかとも勘繰ります。しかしそんなことはなく、抗争のことも関係ないと霧島は言いきりました。

染井組長の個人的な理由で一緒に居ることを仕組まれているだけで、霧島にとって吉乃とは、惚れているから替えがきかない存在、それだけだと霧島は言います。そんなことを言い合いしていると吉乃がホテルの部屋から出てきました!そして霧島の存在を見てまた勝手にGPSを仕込んだのかと言い、しかりつけます。

そんな2人の様子を見て翔真は吉乃に「一緒に大阪帰りましょう」と言います。それを聞いた霧島は「外野のあなたが口出しすることではない」と翔真に怒りを笑顔でぶつけます。翔真は口を挟もうとしますがそれより吉乃が怒りをあらわにします。「翔真は家族やで。お前の方がよっぽど嫌じゃボケ」そう言う吉乃の顔は恐ろしい顔でした。そう言われると霧島は素直に引き下がります。その後霧島と共に帰ると吉乃は言い、ホテルに戻って荷物を取りに行きました。

コイ
コイ
吉乃をめぐる三角関係、ですね
デコ
デコ
嫌われている霧島か、家族と思われている翔真か、どちらが勝つのか…見ものです

その後、ほぼ始発で大阪に帰る翔真を、見送りに行く吉乃。電車を待っている間、翔真は吉乃に「自分のルールやプライドを捨てるくらいやったら命捨てても構わんと思ってるでしょ」と聞きます。それに対して吉乃は「体面もプライドも捨てたら残るもんなんてない。そんなの死んだも同じやろ」と答えました。

その横顔のりりしさはととても男前です。翔真はその答えに、自分はそうではないと言います。ならばと吉乃は翔真に「あんたは何の為に命張んねん」と聞きます。翔真はそれには答えませんが吉乃を静かに指差しました。それはつまり吉乃のことが、と思わせられますがその瞬間「髪の毛に虫ついてますよ」と言って吉乃をビビらせます!

結局虫ではなくパン屑だったのですが、翔真の答えははぐらかされてしまいました。そして別れの時、翔真は吉乃を抱きしめ「また来ます」と言いました。吉乃も抱きしめ返します。そして互いに激高し合い、電車が来たので別れました。はた目から見たらほほえましい兄弟愛のようにも見えますが、実は尽けて陰で見ていた霧島がいたのです。真顔で、とても恐ろしい雰囲気をまとい、2人を見て何か考えている様子でした。

【考察】来世は他人がいい・感想【2巻】

全体的に1巻よりもアングラな感じですね!ヤクザ関係の話が増え、学校生活の話が減ったように思いますが、それはそれで作り込みが濃密になってていいと思います!霧島の人間性の無さ、危うさもさらに危険度アップしていていいですね。

コイ
コイ
どのキャラもテンプレートな感じがしないです
デコ
デコ
この作者はキャラの人間味を書くのが上手いですね

そして今回現れた翔真には注目したいです。彼によって三角関係が生まれ、今後の人間関係が気になるところです。霧島は敵意丸出しですし、吉乃は疎い感じがしますし、どう転ぶか予想できません。というかこの漫画のキャラはみんな予想が上手くできませんね!吉乃と霧島が付き合ってハッピーエンドという安直なオチにはさせないような気がします。また今回でヤクザの抗争も伏線が張られましたし、今後の展開はどうなるのか、ドキドキですね!

\ 今なら初回50%OFF /

来世は他人がいい2巻を無料試し読みする

電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

・初回50%割引や割引セールが豊富
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ

まんが王国
まんが王国
特徴

・ポイント還元率が高い
・毎日もらえる来店ポイント
・etc…

料金体系ポイント制(都度・月額)
品揃え非公開
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ