漫画ネタバレ・感想

【62話~70話】アンデッドアンラック8巻ネタバレと感想【行ってくる】

アンデッドアンラック・8巻・ネタバレ・感想
コイ
コイ
アンデッドアンラック8巻はサマー編が完結し、続くスプリング編へと繋がっていきます。
デコ
デコ
VSファン戦もクライマックスですが、この戦いのスピード感とカタルシスはかなりのもの。
新たな展開も待っているアンデッドアンラック8巻のネタバレと感想についてまとめていますのでぜひご覧ください。
アンデッドアンラック各巻のネタバレ・感想はこちら
\ 今なら初回50%OFF/

アンデッドアンラック8巻を無料試し読みする

【62話~70話】アンデッドアンラック・ネタバレ【8巻】

【62話~70話】アンデッドアンラック・ネタバレ【8巻】

アンデッドアンラック8巻はサマー編のクライマックス。
怒涛の展開に加えてシェンが過去に決着をつけるシーンは必見です。

各話数にジャンプ

不死と不真実

シェンの一撃でムイを助け出したアンディ。
アンディは二人でファンを倒すことを提案するが、あくまでもシェンは一人で戦おうとしていた。

シェンにげんこつを食らわせ、頭を冷やさせるアンディ。
「仇をとっても妹は戻らない。今大事なもの(ムイ)を守れ。」

そしてアンディとシェン、二人は協力してファンと戦うことに。
二人はシェンの「不真実」をアンディにかけ、アンディの無意識によるフェイント戦法でファンを圧倒し始める。

自分を圧倒し始めることに嬉しそうなファン。
大事なものを失えばもっと強くなる、そう言ってファンが狙ったのはムイと風子だった。

巨大な三節棍が炎の龍を纏い、二人に襲いかかる。
だがアンディとシェンが身を挺して二人を守った。
その炎の三節棍はアンディの身を貫き、シェンの腹も完全に貫いていた。

デコ
デコ
アンディは不死なので貫かれても問題ありませんが、シェンはいくら強くても普通の人間です。
何か回復の手立てはあるのか・・・?

▲目次に戻る▲

私の大好きな

腹を貫かれ重症のシェン。
泣き叫ぶムイ。

痛ましい姿のシェンは妹・メイの幻を見る。
メイはまだ兄には守らなければいけない人(ムイ)がいる。
UMAに親を殺されたムイに自分達を重ねていたシェン。
シェンはメイのもとに行くと諦めようとするが、まだこっちに来てはいけないとメイは言う。

そしてまだ手はある、と。

間一髪、意識を取り戻したシェンは側にいるにムイにお願いする。

「ボクを殺してくれるかい?」

デコ
デコ
シェンはメイに技を教えてしまったことで結果的にメイを殺してしまった。
それをずっと後悔していたんですね。
メイに謝るシーンでのシェンが当時の姿になっているのが印象的です。

▲目次に戻る▲

今の僕が

意識が朦朧とする中、シェンはアンディに通信をする。

「ファンの懐にある死亡遊戯を奪い、ムイに渡してほしい。」

ムイに自分を君のキョンシーにして欲しいとお願いするシェン。
だが、キョンシーになったシェンが以前のようなシェンのままでいる保証はない。
だからムイは色々な手段を提案するが、今すぐ助かるような策は見つからなかった。

シェンは今まで妹の仇を殺すことだけにとらわれていた。
だがムイと出会って暮らすことで、不真実の発動条件が「相手を好きになる」ことに気づいた。
そんな大切なムイをもう少し守らせてほしい。
それが今のシェンの願い。

死亡遊戯を手に入れたムイは「姿が変わっても変わらずシェンを慕う」と誓いながらシェンに止めをさす。
間一髪キョンシーとして蘇ったシェンはムイを守り、再びファンに立ち向かう。

デコ
デコ
今まで妹の仇を殺すことしか目的がなかったシェン。
その心を変えていったムイ。
このエピソードは何度読んでも涙腺にきますね・・・。

▲目次に戻る▲

感謝します

サマーが進化し、フェーズ2になるまでもう時間が無い。
キョンシーとして蘇ったシェンとアンディは再びファンと戦い始める。

再び「不真実」を使い無意識のフェイントで戦おうとするアンディとシェン。
だが二人の動きはファンを攻撃する前にピタッと止まってしまい、そのせいでファンにふっ飛ばされてしまう。

この出来事で自分が一度死んだことにより「不真実」が消えたことにシェンは気づく。
では”さっき攻撃が止まったのはなぜなのか?”

「まさか・・・」

何かに気づくアンディ・風子・シェン。

サマーの羽化が始まる。
もうフェーズ2まで時間がない。
次の一手でファンを仕留めなければいけない。

アンディとシェンがファンに同時攻撃。
だがファンは不真実が無い今、お前らに勝ち目は無いと言う。

その時、空中からムイがファンを視る。
体が動かなくなるファン。
「不真実」はムイの中に移ったのだ。

動けないファンにシェンとアンディの同時攻撃が直撃する。

デコ
デコ
この単行本のおまけページでファンの否定能力が「不老(UNFADE)」だと判明します。
発動時からの老いを否定する能力(強制)のようですね。

▲目次に戻る▲

それが真実

ムイの不真実発動によりファンに一撃を食らわせたアンディとシェン。
シェンはムイを背負い、協力してファンを圧倒する。

ムイの不真実により前に足が出てしまうファン。
それはすでに恐れて後ずさっているからだった。
今の二人なら大丈夫だとアンディ。

自分を救ってくれたのは絶望じゃない、愛だと気づいたシェン。
それこそが「真実」。
シェンの拳がファンをついに倒した。

残るはサマーのみ。
だがサマーはすでにフェーズ2になってしまった。
アンディ・風子・シェン・ムイ、そしてトップにチカラとタチアナも合流し、総力戦が始まる!

デコ
デコ
VSファンがついに決着。
激しい戦いですが、不真実を使うためにシェンにおんぶされているムイちゃんは地味にかわいいですね♪

▲目次に戻る▲

花火

サマーは巨大な龍のようなUMA。
腹にあるコアをすべて同時に壊さないと倒せないという厄介な弱点を持つ。
だが否定者が揃った今のユニオンの敵ではなかった。

シェン・ムイが如意棒をサマーの口にぶち込み、さらに湾曲させてとぐろを巻かせる

チカラをトップが運び、不停止によりサマーを固定

アンディの血液に風子の不運を付与し、すべてのコアに血液をかける

タチアナが不可触を使うことで不運が発動しコアがすべて破壊される

こうしてサマーを倒した一同。
戦いが終わったシェンはファンに過去、一緒に花火をみた時のことを語る。
そしてシェンは「あの時家族ってこういうものなのかな、と感じたが、ファンはどう思っていたのか」と聞いた。

ファンは答える。

「お前らは俺が強くなるための糧だ」
「一度でも家族などと思ったことはない」

シェンは「そっか、それが不真実(しんじつ)なんだね」と呟く。
奇しくもそんなやりとりをするファンとシェン目の前では倒されたサマーが花火のように大きく爆発していた。

デコ
デコ
この最後のやりとり実は「ムイがファンのことを見ている」のがポイント。
つまり思っていることと反対のことを言っている=ファンはシェンとメイのことを家族と思っていた、ということ。
最後のシェンの「不真実」というセリフに「しんじつ」のルビが振られているのも細かいですね。

▲目次に戻る▲

行ってくる

サマーを倒し、ファンを捕獲したアンディ達。
突如として世界に寒気が吹き荒れる。
夏を司るサマーが倒されたことにより、冬のウィンターの力が増してしまったのだ。

今すぐウィンターを倒さなければ地球は氷の星になってしまう。
ジュイスはアンディ達にビリーと交渉すると提案するが、アンディ達の前にビリーの側近・テラーが現れる。

テラーは「ボスからの届け物だ」と言って、包を風子達の目の前に投げこむ。
包の中身は”ジュイスの右腕”だった。
その瞬間、全員でテラーを攻撃するユニオンメンバー。
だがテラーは見えない壁でその攻撃を防ぐ。

風子はテラーに「今すぐウィンターを倒してほしい」と願う。
しかしテラーは拒否する。
このまま放っておけば罪のない人がたくさん死ぬ。
風子は決意する。

「私がアンダーに行ったらウィンターをすぐ倒してくれますか?」

この風子の決断を止めるジュイスだったが、風子はまだ自分の不運がコピーされていないから大丈夫、と説得。
さらにジュイスがまだビリーを責めきれていないことに、何かを感じた風子。
それが何なのか直接確かめてくることを決意し風子は、アンダーの元へ向かうのであった。

デコ
デコ
最初は守られてばかりの風子だったのに、こういう決断ができるほど強くなったのはいいですよね。

▲目次に戻る▲

確かめるんだ

アンダーの元へ向かった風子を見送るアンディ。
何もせず見送ったアンディを責めるタチアナだったが、アンディはウィンターを倒してもらえりゃそれでいい、風子を取り戻す。とそこまで焦っていない様子。
そしてなぜか全裸になっているアンディ。

テラーに案内されビリーの元にたどり着いた風子。
そこではすでにビリーはバーンを使いウィンターを倒していた。

約束を守ったビリーにお礼を言う風子。
ビリーはテラーに風子の不運がまたコピーできていないと言う。

目隠しとヘッドホンというよく芸人がバラエティでやられる格好をさせられ、アンダーが所持している円卓へ案内された風子。
その円卓にはアンダーのメンバーが勢ぞろいしていた。
風子が知っているラトラやバックス以外にも可愛らしいアイドル風の女の子や学生服の青年、そして以前闇競売で戦ったクリードの姿も。

好戦的なクリードは風子にガトリングガンを向けるがラトラが能力でそれを回避。
さらにリップがクリードを止めに入る。
一触即発だったが、ビリーはコピーした「不停止」でその場を収めた。

最後の四季UMAスプリングとの戦い、そしてビリーの正義は何なのか確かめるために風子のたった1人の戦いが始まる。

デコ
デコ
円卓でのメンバー配置がユニオンと違うのが印象的なアンダー。
まだ能力もわからないメンバーが出てくるとわくわくしますね。

▲目次に戻る▲

ユニオンはアンダーに行った風子と通信ができないか試みるが、妨害されて通信は不可能だった。
最後のスプリング戦に向けてアンダーの出方を伺うアンディ。

スプリングはすでにフェーズ2へと進化していた。
その姿は巨大な鬼のようで、スカイツリーの上で酒を飲みながら鎮座している。

ビリーはスプリングを倒すためにクリードへ核を使よう迷わず指示する。
が、スプリングへ向けて発射された核ミサイルはスプリングが使った古代遺物により消滅した。

スプリングが使った古代遺物に見覚えがある、と説明するアンダーのメンバー・友才。
「サイコロを振り、丁半出目を当てれば必殺。効果にはムラがある」

クリードは「消費しないと俺の不減(UNDECREASE)は発動しない」とぼやく。
つまり核ミサイルはもう使えない。

効果が運次第ならやはり残る切り札は風子。
ビリーは風子に「お前がスプリングをやれ」と指示する。
一方その頃、アンディ達もスプリングの能力が運次第、つまり風子が戦いに参加することに気づいていた。

デコ
デコ
最後の四季UMAスプリング編が開幕!
そしてこれまでいつもアンディにおんぶにだっただった風子が1人の否定者として戦いを決意するシーンが印象的ですね。

▲目次に戻る▲

【考察】アンデッドアンラックの感想【8巻】

アンデッドアンラック8巻で重要なポイントはアンダーのメンバーが全員登場した場面ですね。
ここで初登場のキャラも含め、アンダーのメンバーをまとめてみましょう。

アンダーのメンバー一覧
  • 1席・ビリー(能力不明・コピー?)
  • 2席・テラー(能力不明)
  • 3席・クリード(不減)
  • 4席・リップ(不治)
  • 5席・友才(能力不明)
  • 6席・ファン(不老・ユニオンが捕獲)
  • 7席・学生服風の青年
  • 8席・アイドル風の女の子
  • 9席・バックス(能力不明)
  • 10席・ラトラ(能力不明)
  • 席不明・ショーン(不可視・オータム戦で死亡)

ここで注目したいのは5席の友才。
以前アンディの過去編で剣術を教えていた女性がいましたが、見た目から同一人物だとわかります。
スプリングとの戦いに参加した場合アンディと再開することになりそうですが、互いに気づくのか?も気になるところですね。

\ 今なら初回50%OFF/

アンデッドアンラック8巻を無料試し読みする

ABOUT ME
コイデコ
漫画好きの2人が漫画と電子書籍の情報をメインに発信していきます。
電子書籍で漫画を読むならこの3選!
電子書籍で漫画を読むならこの3選!

漫画を電子書籍で読みたい!
でもどれを選べばいいかわからない・・・

迷ったらこちらの電子書籍3選がおすすめ!
作品数やキャンペーンが整っている電子書籍です。

ebookjapan(おすすめ)
ebookjapan
特徴

初回50%割引や割引セールが豊富
・Yahooアカウントで簡単登録
・無料作品が多い
・本棚機能が充実
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え64万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

コミックシーモア(おすすめ)
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
特徴

初回70%OFFクーポン
・取得できるクーポンが多い
・買い切り以外のプランも充実。
・etc…

料金体系1冊単位の購入,分冊版,読み放題
品揃え55万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ公式ページ

BookLive!
BookLive!
特徴

・入会登録50%OFFクーポン
・1日1回クーポンガチャ
・LINE@クーポン
・etc…

料金体系1冊単位の購入
品揃え100万冊以上
クーポン・キャンペーン割引

詳細ページ
公式ページ